ドラマ情報 (日テレ、NHK)

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

まんぷく 第6週 感想・ネタバレ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まんぷく 第6週 感想・ネタバレ NHK 平日朝8時 

f:id:max2111:20181115172138j:plain

出典:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

 安藤サクラ/長谷川博己/松下奈緒

今や私たちの生活に欠かせないものとなった「インスタントラーメン」を生み出した夫婦の知られざる物語を描きます。

何度も失敗してはどん底から立ち上がる"敗者復活戦"を繰り返した末、二人は世紀の大発明へとたどりつく

――人生大逆転の成功物語です。

第1週の平均視聴率は21.9%でしたが、2週も21.6%で、

なんと3週は22.3%に増加しました。4週は22.0%、5週21.9%です。

もちろん、一日でも20%を切った日がないという状況です。

視聴者が固定化、増加してきていると思いますね。

あらすじ

《第6週》 お塩を作るんですか!? 11月5日(月)~11月10日(土)放送

福ちゃんたちは、克子姉ちゃんの家を出て、大阪南部の泉大津に引っ越してきました。

萬平さんは、旧陸軍が使っていたという倉庫から大量の鉄板を発見。

戦後の混乱期で、世の中に塩が足りないと知ったことをきっかけに、

鉄板を使った塩作りを始めようと計画します。

居候の神部さんは従業員を集めようと奔走。

そして連れてきたのは、なんと14人もの若い男たち。

一緒に暮らす鈴さんの不満をよそに、

福ちゃんはめいっ子のタカちゃんと一緒に、

突然始まった集団共同生活を切り盛りしていきます。

《第7週》予告

私がなんとかします! 11月12日(月)~11月17日(土)放送

福ちゃんは、萬平さんが始めた製塩業を支えるため、近くに住む女学校仲間のハナちゃんに借金を申し込むことに。

そして、暑い中での重労働に不満がたまる15人の従業員をなんとかまとめあげ、ようやく売り物になる塩を作れるようになります。

ところが、商社を経営する世良さんの仲介で塩を販売してもらったところ、品質を理由に、想定していたよりもずっと低い値段でしか売れませんでした。

悔しさのあまり、より一層仕事に熱を入れる萬平さんでしたが、福ちゃんは世良さんが闇取引をしているという情報をつかんで…。