ドラマ情報 (日テレ、NHK)

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

植物男子ベランダー SEASON2  6話 感想・ネタバレ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

植物男子ベランダー SEASON2  6話 感想・ネタバレ NHK土曜夜 23時30分

f:id:max2111:20181113214010j:plain

出典:https://www.nhk.or.jp/verandar/

かつてBSで放送され熱狂的なファンを生んだ「植物男子ベランダー」そのSEASON2が初めて地上波に!

植物をめぐる孤独な中年男の悲喜こもごもコメディ!

あらすじ

6話 「その男、茂木梅吉」

11月3日 (土) よる11時30分~11時59分

今回は待望のスピンオフ?!

ベランダー(田口トモロヲ)の先輩で、盆栽を偏愛し、ことあるごとに「盆栽はいいよ~」と迫ってくる茂木梅吉(松尾スズキ)の家にベランダーが!

ひとしきり盆栽についての講釈を聞いたりした後、ベランダーがなじみの花屋へ行こうとすると、茂木もついていく、という。

花屋への道すがら、かつて会った路上派の美しい女性(中村ゆり)や例の女子高生たちに遭遇。

しかしなぜ盆栽マニア茂木が花屋に?

盆栽とは、小さな鉢に広がる宇宙。

平安時代から伝えられてきた高尚な趣味。

そんな盆栽に茂木梅吉は人生すべてを注いできた。

彼の自宅の庭には盆栽が並んでいる。

ある日梅吉が、「コケ見てるなう」などとツイートしていると来客があった。

後輩のベランダーである。

恥ずかしいところを見られてしまったようだ。

アイコンをデビッド・ボウイにしたらフォロワー数が増えたことは内緒にしておこう、などとひとりごちていると、

ベランダーはめざとく町内会の温泉旅行のチラシを見つけた。

盆栽をおいて旅行にでも行こうとしているのかと、梅吉に疑いの眼差しを向けてきたので、

梅吉は逆ギレに近い状態でその場をなんとかやり過ごした。

さらに、ベランダーが失敬な質問をしてくるので梅吉は盆栽の魅力を語らねばならなかった。

しばらくしてベランダーがこれから花屋に行くと言うので梅吉もついていくことにしたのだが・・・

次回の放送「バンマツリ1号2号」

11月10日 (土) よる11時30分~11時59分

男(田口トモロヲ)はベランダに、ニオイバンマツリの花がふたつあることに気付いた。 なぜ?

記憶を逆回転してみると、隣人田中(古舘寛治)にあおられてタチアオイを買った記憶がよみがえってきた。

タチアオイに一瞬夢中になったがために、男はニオイバンマツリの世話をおろそかにしたのだった。

そして男は「なじみの花屋」ではない、別の花屋に行くのだが、そこの美しい店員が…。