ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

ぬけまいる~女三人伊勢参り~ 3話 感想・ネタバレ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ぬけまいる~女三人伊勢参り~ 3話 感想・ネタバレ NHK  土曜夜 18時05分

f:id:max2111:20181111132213j:plain

出典:https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/nukemairu/

三十路を過ぎた女三人組が、江戸から伊勢へ抜け詣り!

一膳飯屋の娘、以乃(いの)。武家の妻、志花(しか)。小間物屋の女主人、蝶(ちょう)。

若い頃は「馬喰町の猪鹿蝶」と呼ばれブイブイ言わせた江戸の三人娘も三十路過ぎ。

今ではそれぞれに人に言えない事情と鬱屈を抱えた三人、突如、仕事も家庭も放り出し、抜け詣りに繰り出した。

抜け詣りとは、いきなり姿をくらまして伊勢詣りに行ってしまう当世の流行。

いざ、女三人の東海道中膝栗毛、てんやわんやの女子旅が始まった。

こんなはずじゃなかった女三人がそれぞれに抱える悩みは、いずれも現代の私たちに通じるもの。

そんな等身大の三人が次第に輝いて見える痛快女子旅。

毎回訪れる土地で出会う豪華なゲストとともに、泣き笑いの旅のうち、幸せの物差しを見つめ直す。

伊勢は旅のゴールで、そして人生の再スタートの場所。

あらすじ

第3話

関所破り

箱根の難関は関所越え。

手形を持たないお蝶、お以乃、お志花の三人は関所抜けを前に温泉で一休み。

そこに風のように現れたのは清水の長五郎という男(滝沢秀明)。

長五郎のお供の政(福士誠治)も加わり、猪鹿蝶と花札勝負に興じることに。

お以乃と長五郎は、他を寄せ付けない一対一の勝負に夢中になる。

男まさりで強がりのお以乃に、「そんな男前も嫌いじゃないぜ」と

長五郎は関所抜けの秘策を耳打ちする。

恋と関所抜けのピンチに三人女は…。

第2話

一文無しになった三人女。

お蝶、お以乃、お志花の猪鹿蝶(いのしかちょう)は、

空腹を抱え伊勢を目指す道中の小田原で、転んで動けない老婆を助ける。

老婆チヨ(浅茅陽子)と夫の与平(泉谷しげる)の茶店を手伝いながら、

旅人相手に足裏按摩(あんま)をして路銀稼ぎをすることに。

偏屈な与平だが、三人女との暮らしに打ち解けていき、足裏按摩も繁盛する。

しかしこの夫婦、わけありのようで、息子の話になると急に口をつぐむ。

そんな時、現れた来客のせいでその秘密が…。