ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

ブラックスキャンダル 4話 感想・ネタバレ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブラックスキャンダル 4話 感想・ネタバレ 日テレ 木曜夜 24時

f:id:max2111:20181109213214j:plain

出典:https://www.ytv.co.jp/blackscandal/

f:id:max2111:20181109213341j:plain

f:id:max2111:20181109213425j:plain

【本当に謝罪会見すべきは私じゃない…】偽りの不倫スキャンダルによって地獄に叩き落された元人気女優が、整形して生まれ変わり、自分を嵌めたゲス達に復讐していく…!

あらすじ

4話

矢神亜梨沙(山口紗弥加)は、巻田健吾(片桐仁)から、「あなた、藤崎紗羅さんですよね」と指摘される。

巻田は五色沼仁(袴田吉彦)や棚城健二郎(波岡一喜)が芸能界から消えたのも亜梨沙の仕業だと見抜いていて、「あなたは顔を変えて5年前の復讐をしている。

俺のことも憎いでしょうね。棚橋健二郎とあなたの不倫記事を書いたのは俺だから」と言う。

その巻田を「なぜあんな嘘を書いたの」と亜梨沙は責めるが、「あんたからの質問はナシだ。

復讐をバラされてもいいの?おまえは一生、俺の操り人形だ」と巻田は、亜梨沙に、3日以内に大物芸能人のスキャンダルのネタを3つ提供しろと脅すのだった。

亜梨沙から事情を聞かされた阿久津唯菜(松井玲奈)は、「週刊星流の記者にバレた?一番厄介じゃないですか!もし正体をバラされたらどうするんですか?」と心配する。

対して亜梨沙は「その時は、復讐は終わりね」と眼光を鋭くする。

その頃、『フローライト』では、花園由祐子(平岩紙)が、社長の勅使河原友和(片岡鶴太郎)から、亜梨沙をチーフマネージャーにするかもしれないと言われ、危機感を抱いていた。

 その花園は、亜梨沙を貶めようと、事務所でくすぶっている稲沢晃(立花裕大)をたきつける。

稲沢は、小嶋夏恋(小川紗良)ばかりがいい仕事を得ていることに、不満を抱いていた。 そんな稲沢に、「夏恋は五色沼プロデューサーに枕営業して役をもらっていたのよ」と吹き込む花園。

花園は、稲沢に密かにこの事実を暴露させ、夏恋と夏恋のマネージャーである亜梨沙を失墜させるつもりだった。

 その折、亜梨沙は、勅使河原純矢(安藤政信)に呼び出される。

先日、涙を流していた純矢に抱きついてしまった亜梨沙。純矢から「あの時、どうして……?」と尋ねられて亜梨沙は、「あの時のことは忘れてください」と答える。

そんな亜梨沙に純矢は「俺はいずれ社長になる。その時、君が傍にいてくれたら……」と語るのだった。

 その頃、稲沢は『芸能暴露くん』というツイッター風アカウントを見ていた。それは芸能界の裏事情を暴露するアカウントで、30万人ものフォロワーを持ち、信憑性があると注目されているものだった。

稲沢は、そこに夏恋の枕営業ネタを投稿しようとするが、何かを思いつき、思いとどまった。

その後、稲沢は夏恋を直接呼び出し、「おまえ、枕営業してたんだってな。暴露されたくなければ……100万円を用意しろ」と脅すのだった。

 同じ頃、巻田の身辺を探っていた亜梨沙は、巻田に愛する妻と娘がいることを突き止めていた。

亜梨沙は、幸せそうな巻田の家族の姿を見て、スキャンダルによって自殺に追い込まれた母のことを思い出し、憎しみが再び湧き上がる。

その巻田の妻は、美鈴という元モデルで、亜梨沙は美鈴のSNSをチェックする。

 翌日、ドラマの撮影現場で、再び稲沢は夏恋を呼び出し、「金の用意はできたか」と迫る。用意できていないという夏恋に「芸能界から消え失せろ」と『芸能暴露くん』に書き込みを始める稲沢。

そこに、亜梨沙が現れる。

「消えるのはあなたの方よ。今の会話、録音したわ。立派な恐喝よ。警察に提出します」と亜梨沙。

「そんな!」と真っ青になる稲沢。土下座をして許しを請う稲沢に、亜梨沙は、あることを命じるのだった。

約束の日が来て、巻田は亜梨沙にあるホテルに呼び出される。「ネタは用意できています」と亜梨沙は巻田を屋上に連れて行く。

「スクープは今ここで起きてるわ」と言う亜梨沙に促され、三脚に固定されたカメラから向かいのホテルを覗き込む巻田。

するとそこには、妻の美鈴と稲沢の情事の現場があった。

驚愕する巻田に、「イケメン俳優と人妻の不倫現場です。とっておきのスクープでしょ」と亜梨沙。

「今すぐ止めさせろ!」と叫ぶ巻田だが、「無理ですよ。だってあれは彼女が望んでやっていることですから」と亜梨沙。

亜梨沙は、美鈴のSNSから彼女が稲沢のファンであることを突き止めていたのだった。

「ほら、早く写真を撮ってください。いつもやってるように撮られた側の気持ちやその先の人生のことなんて一切考えずに!」と亜梨沙。

「おまえ、許さねえ……!」と巻田。

亜梨沙は、巻田に代わって写真を撮り、スマホで『芸能暴露くん』に投稿しようとする。 「あなたは『週刊星流』でたくさんの芸能人を地獄へ落としてきた。その記者の妻がイケメン俳優と不倫なんて、世間が知ったらどうなるでしょうね。

地獄に晒される苦しみをあんたも味わえばいい!」と亜梨沙。

「止めてくれ!」と叫ぶ巻田に、「じゃあ。答えなさい。5年前、どうしてあんなデタラメな記事を書いたの!」と亜梨沙。

すると巻田は「金をもらったんだ。あんたの事務所から不倫の記事を書けって!理由は知らない!ホントだ」と巻田は、怒りの静まらない亜梨沙に、許しを請う。

「許してほしいなら一つ条件がある。あんたはこれから一生、私の操り人形よ」と亜梨沙。

そんな亜梨沙を、純矢が再び呼び出した。「あの時のこと、忘れてほしいと君は言った。けど……忘れられない」と純矢は突然、亜梨沙にキスをする。

そんな亜梨沙と純矢を唯菜が影から見ていて……。