ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

獣になれない私たち 第2話  感想・ネタバレ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

獣になれない私たち 第2話  感想・ネタバレ 日テレ 水曜夜10時

f:id:max2111:20181019231115j:plain

出典:https://www.ntv.co.jp/kemonare/

新垣結衣/松田龍平/田中圭

深海 晶 、30歳。 「常に笑顔」で「仕事は完璧」、誰からも好かれ、愛されている女。

でもそれは、彼女の身を削る努力で成り立っている。

みんなに気を遣いガマンし続けていたら、次から次へと仕事を任され、

彼氏も彼女の優しさに甘え続け、身も心もすり減る一方。

『私、何のためにこんなに頑張ってるんだっけ?』

根元 恒星 、33歳。 「世渡り上手」で「人当たりがよく」、女にモテる敏腕会計士。

でも本当は、調子よく振る舞っているだけ。

誰のことも信用しないし、無防備に人を愛せるほど馬鹿じゃない。

順調だった仕事は、思いがけずヤバイ案件に片足を突っ込み限界寸前。

『もう、俺の人生、なるようになれ・・・』

人生うまくいってるようで、ままならない二人が

仕事終わりのクラフトビールバーで偶然出会った。

赤の他人だからこそ本音でぶつかる中で、傷つきながら自分らしく踏み出す姿を

時に笑えるコメディで、時に切なくジリジリと描きます。

本能のまま「野生の獣」のように自由に生きられたらラクなのに…

現代人の、思いを代弁するようなドラマですね。

前回は視聴率が11.5%と良かったですが、

今回は8.5%に急落しました。

前回の内容が極端だったことに加え、

「相棒」が時間延長したことから20分以上ダブったことが大きいと思います。

次回はどうなりますか?

あらすじ

2話

すべての仕事を一人でこなしていることに業を煮やした晶(新垣結衣)は、 社長の九十九(山内圭哉)に業務分担の改善要求書を突き付ける。

周囲が恐怖におののく中、九十九とやりあった結果、出張明けに返答するとの約束を取り付ける。

一方、恒星(松田龍平)は初対面の会社社長・勝俣(八嶋智人)から、 粉飾した税務申告書類に担当税理士として判を押してくれと頼まれる。

恒星は不正には手を貸さないと拒否、勝俣を事務所から追い出す。

その晩、5tapで出くわした晶と恒星。

呉羽(菊地凛子)の話題になり、「呉羽は恋に落ちた瞬間、鐘の音が聴こえるらしい」と話す恒星。

一目惚れをしたことがない晶は、どんな音かと首をかしげる。

わからないのは恒星も同じだった。

翌朝、有給休暇中の晶は松任谷(伊藤沙莉)の電話で起こされる。

上野(犬飼貴丈)が大事な契約書を持ったまま会社を無断欠勤しているというのだ。

晶は急遽、上野のアパートを訪ねることに。

そこで晶は上野から、思わぬ話を持ちかけられ…。

3話予告

32018.10.24

ワンマン社長・九十九(山内圭哉)へ、決死の業務改善要求をした結果、「特別チーフクリエイター」に昇進させられてしまった晶(新垣結衣)。

疲れきった晶の部屋に彼氏の京谷(田中圭)がスーツケースをもってやってきた。

部屋に住まわせている元彼女・朱里(黒木華)に「仕事を探して早く引っ越せ」と要求したら暴れられたので、晶の部屋に泊まりにきたのだという。

疲れをみせる京谷の前では、晶は何も言えなかった。

一方、恒星(松田龍平)の周りは、急に慌ただしくなっていた。

300万の札束をもった男が事務所に現れ、粉飾決算へ加担するように迫られるも、今までのクライアントのようにはっきりと追い返せない恒星。

そして、久しぶりに訪ねてきた叔父から告げられたのは、

数年前から行方不明になっていた兄が、東京にいるらしいという情報だった…。