ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

天 天和通りの快男児 2018年10月期テレビドラマ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

天 天和通りの快男児 2018年10月期テレビドラマ テレ東 水曜日 深夜1時35分放送 10月3日スタート

f:id:max2111:20181007225024j:plain

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/ten/

累計700万部を誇る福本伸行の伝説の麻雀漫画原作を初映像化!関東一の雀士・天(岸谷五朗)は、麻雀を請負う代打ちとして、大金と命を懸けた決死の勝負に挑んでいく。

『カイジ』、『アカギ』、『銀と金』など、ギャンブル漫画の第一人者で、カリスマ的人気を誇る漫画家・福本伸行氏。

その福本氏の原点にして真骨頂とも言える伝説の麻雀漫画『天 天和通りの快男児』を、今回初めて実写化します。

主演は岸谷五朗!数々の映画や舞台出演に裏打ちされた確かな演技力で、無類の勝負強さと強い意志を持つ博徒・主人公の天貴史(てん たかし)を演じます。

果たして岸谷はどのような演技を見せるのか…!?

“勝負とは何か”、“生きるとは何か”。原作を忠実に再現した福本漫画ルックにもご注目ください。

連続ドラマ『天 天和通りの快男児』には、福本作品を民放で初めてドラマ化した『銀と金』(テレビ東京'17)制作スタッフが、再集結!

伝説的麻雀漫画の連続ドラマ化に挑みます。

心に突き刺さる名ゼリフの数々が連続ドラマで蘇ります!

今や、麻雀は人口が減少していますが、どうでしょうか?

あらすじ

1話

麻雀の「理」に対して深い造詣を抱き、雀荘で素人相手に荒稼ぎをしていた井川ひろゆき(古川雄輝)は、ある日、麻雀の請負業(=代打ち)を営む天貴史(岸谷五朗)と出会う。天は、無類の勝負強さと強い意思をもつ代打ちで、ひろゆきは天に憧れ、麻雀の世界に没入していく。やがて天とひろゆきは、神域の男と呼ばれる伝説の雀士・赤木しげる(吉田栄作)や関西屈指の現役最強の雀士・原田克美(的場浩司)、僧我三威(でんでん)らと出会い、日本の裏麻雀界の頂点を決める戦いに挑んでいく。麻雀を通して、男たちの命をかけた圧倒的な心理戦を熱く描く。

2話

天貴史(岸谷五朗)との勝負に敗れた若き雀士・井川ひろゆき(古川雄輝)は、ヤクザの沢田(山口祥之)にその腕を見込まれ、裏の麻雀界に足を踏み入れていく。土地の権利書を賭け、地上げ屋の代打ちとして戦うひろゆきだが、対戦相手は因縁の天。先に3勝した方が勝ちの半荘五回戦で、先に二連勝したのは天。しかし、ひろゆきは天の決死の“ある策略”を見抜き、勝敗を五分に戻していく。そして、全てを賭けたオーラスに挑む…。