ドラマ情報 (日テレ、NHK)

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

文学処女 2018年10月期テレビドラマ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文学処女 2018年10月期テレビドラマ TBS 火曜夜25時43分 10月9日スタート 

f:id:max2111:20181007222457j:plain

出典:https://www.mbs.jp/bungakushojo/

恋を知らない女と、恋ができない男。

歪な関係から生まれる、遅咲きの恋の話。

文芸編集部の月白鹿子は、未だ本当の恋も、男も知らない。

しかし、人気小説家・加賀屋朔の担当編集になったことで、はじめて欲を自覚していき…

森川葵×城田優がダブル主演で「大人の初恋」を描く。

26歳にして恋を知らない女・文芸編集部の月白鹿子(つきしろかのこ)に、他の追随を許さぬ圧倒的な表現力で観るものを魅了してきた実力派・森川葵。

そして端正なルックスを持ちながら恋ができない男・人気小説家の加賀屋朔(かがやさく)にはドラマ・映画のみならずミュージカル・舞台と幅広いフィールドの第一線で活躍を続ける城田優に決定した。

鹿子に想いを寄せる同期・望月千広や、加賀屋の過去を知るオトナの女性・有明光稀、鹿子の上司である文芸部編集長・三島皓など、ドラマを彩る他の豪華追加キャストは、続報に乞うご期待!

ドラマでは、美しく儚い原作の世界観をそのままに、森川×城田の強力タッグを得て情感あふれる映像美で描いていく。

秋の夜長にふさわしい、文学的で耽美な恋物語にぜひご期待頂きたい。

深夜ドラマにふさわしい内容ですね。

あらすじ

1話

出版社の文芸編集部で働く月白鹿子(森川葵)は、恋愛経験がない26歳。超売れっ子ミステリー作家、加賀屋朔(城田優)の担当に抜擢され張り切る鹿子だったが、加賀屋の機嫌を損ねてしまい、「もうお宅では書きません」と引導を渡されてしまう。 そんな絶体絶命の中、加賀屋がノミネートされた文学賞の受賞発表の日を迎えた鹿子。鹿子が加賀屋に近づけずにいる一方で、常に加賀屋の隣をキープするライバル社の美人編集者、有明光稀(泉里香)。 果たして鹿子は、加賀屋に担当として認めてもらえるのか?そして、加賀屋との恋の行方は──?

2話

加賀屋(城田優)の機嫌を損ねてしまった鹿子(森川葵)はホテルの部屋に連れていかれる。まさか処女喪失の危機……!?と思いきや、加賀屋は打合せをしようと言い出す。 鹿子は加賀屋の恋愛小説が再び読みたいと語るが、頑なにそれを拒む加賀屋。 そんな加賀屋に、鹿子は26年間恋愛経験が全くなかったことを打ち明ける。「こんな話役に立たないですよね……」と落ち込む鹿子の手を取り、優しい眼差しを向ける加賀屋。「どんな恋がしてみたい?」加賀屋に導かれるように「女の顔」を覗かせる鹿子。急接近した二人の恋の行方は───?

3話

ホテルのベッドで上半身裸の加賀屋(城田優)とともに目を覚ました鹿子(森川葵)。「まさか先生と……!?」酔っ払っていたのか全く記憶がない鹿子だったが、加賀屋から「何もなかった」と聞かされる。安心したのも束の間、自分から加賀屋にキスをしたという衝撃の事実が発覚。 一方、密かに鹿子を想っている同僚の望月(中尾暢樹)は、鹿子と加賀屋の関係が気になって仕方がない。 「私は加賀屋先生のことが好きなの?」自分の気持ちがわからないまま迎えた加賀屋のサイン会当日。鹿子は不注意から加賀屋の手に怪我をさせてしまい──?

4話

f:id:max2111:20181007222623j:plain

サイン会を終えた鹿子(森川葵)は、加賀屋(城田優)へのこれまで感じたことのない胸の高鳴りを感じていた。 同僚の望月(中尾暢樹)からもアプローチを受け、もはや大混乱の鹿子。そんな中、原稿が間に合わないという加賀屋に呼び出される鹿子。いつになく弱り切った加賀屋の姿に愛おしさを感じていると、赤文社の光稀(泉里香)がやってくる。二人のただならぬ関係性に、胸がズキズキと痛む鹿子。鹿子は少しずつ、加賀屋への恋心を自覚し始めていた。 そんな中、締め切りに間に合わせるために鹿子は泊まり込みで作業することになり──?

5話

f:id:max2111:20181007222640j:plain

「先生、この気持ちは、恋でしょうか…」そんな鹿子(森川葵)の問いかけに「デートしようか」と言う加賀屋(城田優)。加賀屋は担当作家。行ってはいけないと思いつつも、デートに行ってしまう鹿子。 生まれて初めてのデート楽しみながら、加賀屋への想いが確かになっていくのを感じていた。そんな時、望月(中尾暢樹)と編集長の娘、三島暁里(古賀哉子)にバッタリ遭遇。そのまま4人で遊びに行くことになってしまう。 年下なのに恋愛上級者の暁里に背中を押され、気持ちを伝えようとする鹿子だったが、加賀屋の本音を聞いてしまい──?