ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

『ラストチャンス 再生請負人』 夏ドラマ 感想・ネタバレ

スポンサーリンク

『ラストチャンス 再生請負人』 夏ドラマ 感想・ネタバレ テレ東 月曜よる10時 7月16日(月・祝)スタート

f:id:max2111:20180628110003j:plain

http://www.tv-tokyo.co.jp/lastchance/news/index.html?trgt=2018.05.18,1

大手都市銀行に勤める樫村は入行して22年目、 突然財閥系銀行との合併を発表された。

左遷、リストラ…行き場を失う同僚達を見送る日々の中、 自分のこれからを憂う樫村。

そんな彼が進んだ道は“企業再生”だった―。

そのとき仕事仲間は? 同僚は? 友人は? 家族は?

人生の七味(うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、 いやみ、ひがみ、やっかみ)を どう乗り越えるのか?是非ご注目ください!

本作のテーマは、「会社の再生(再建)と人の再生」。

第一線で活躍していた銀行マンが、 長年勤めた銀行の合併を機に 人生を見つめなおし、転職を決意。

異業界で会社再建に奮闘する 波乱万丈な日々をドラマチックに描きます。

主人公の挫折や仲間の裏切り、妬み… そんな人生の辛さを乗り越えながら、 崖っぷちに立たされた、

とある飲食フランチャイズ企業の再生と共に 「働くとは何か?」「企業にとって大切なこととは何か?」  に気づいていく・・・

そんな主人公の生き様を、 爽快かつ痛快に描いていきます。

きっと、素晴らしいと感じる ドラマになりそうですね。

あらすじ

第1話

樫村(仲村トオル)は順調な人生を送ってきたが、

勤務先の銀行が吸収合併されて、運命が一転。

同期の宮内(椎名桔平)ら行員たちは次々と辞めていく。

そんな中、樫村は占い師(ミッキー・カーチス)から 「七味とうがらしをきかせた、味に深みのある人生になる」と予言される。

やがて樫村も銀行を辞め、職探しをする中、 投資会社社長の山本(大谷亮平)から

飲食フランチャイズ会社の再建の仕事を持ち掛けられて…。

スポンサーリンク