ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

正義のセ  2018年4月期ドラマ 感想

スポンサーリンク

正義のセ  2018年4月期ドラマ 感想 NTV 水曜22時 4月11日スタート

f:id:max2111:20180409175126j:plain

出典:https://www.ntv.co.jp/seigi-no-se

吉高由里子/安田顕

水曜ドラマに、また新しい等身大のヒロイン誕生!

主人公・竹村凜々子(吉高由里子)は、横浜地検で働く2年目の検事。

まだまだ駆け出しの凜々子は、不器用だけど何ごとにも一生懸命。

周りを巻き込みながらも、まっすぐに事件に取り組み、検事として、そして女性として成長していきます。

阿川佐和子の小説をドラマ化!

原作はエッセイ、小説、テレビと幅広く活躍する阿川佐和子さん。

160万部を超えるベストセラー『聞く力 心をひらく35のヒント』で知られる阿川佐和子さんのシリーズ小説「正義のセ」を、満を持してドラマ化します。

まっすぐなヒロインが、仕事に恋に悪戦苦闘!

もちろん、仕事だけじゃなく恋にも悩む主人公。

喜び、笑い、泣き、怒り、そしてよく食べ、よく飲み、よく働く。

「正義のセ」は、見た人がきっと元気になれる痛快お仕事ドラマです!

時間的にもよいし、面白そうで、期待できそうですね。

あらすじ

第1話

竹村凜々子(吉高由里子)は、この春、横浜地方検察庁港南支部に赴任した2年目の検事。 正義感が強く、明るい性格で家族思い。

東京の下町で豆腐屋を営む父の浩市(生瀬勝久)、母の芳子(宮崎美子)、妹の温子(広瀬アリス)と暮らしている。

検事1年目は大阪赴任だったため、恋人の優希(大野拓朗)とは遠距離恋愛になっていたが、「これからは仕事も恋愛も、両方きっちりやる!」と決意を新たにしていた。

港南支部には、支部長の梅宮(寺脇康文)をはじめ、先輩検事の大塚(三浦翔平)、徳永(塚地武雅)ら個性的なメンバーが揃っていた。

そして、凜々子とバディを組む担当事務官に就いたのは、一癖ありそうなベテランの相原(安田顕)。

早速、相原と共に取調べに臨む凜々子だったが、喜怒哀楽がすぐに出てしまう性格のため、ついつい被疑者に怒りを表したり、同情したり、乗せられたり……

そのたびに相原から「被疑者にはあまり感情移入しないように」と小言を言われてしまう。

そんな凜々子が、ある傷害事件を担当する。

被害者は建設会社に勤める向井(浅利陽介)。

向井は上司の恩田(石黒賢)から路地裏で暴行を受けて階段を転げ落ち、全治2か月の重傷を負ったと被害届を出していた。

凜々子は「ひどいパワハラ上司」だと憤るが、取調べに現れた恩田は穏やかそうで、暴力を振るうような人間には見えない。

恩田は「暴行なんかしていません」と、容疑を全面的に否認。

「向井が嘘をついて自分を貶めようとしている」と主張する。

さらに、一緒にいた同僚の田中(六角慎司)も恩田と同じ証言をする。

被害者と被疑者の言い分が、真っ向から対立する中、凜々子は相原とともに、事件の裏に隠された真実を突き止めるために捜査を進める――。

スポンサーリンク