ドラマ情報 (日テレ、NHK)

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

ややけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 2018年4月期ドラマ 感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 2018年4月期ドラマ 感想 NHK 土曜20時 4月21日スタート

f:id:max2111:20180409173818j:plain

出典:http://www.nhk.or.jp/dodra/yakeben/

神木隆之介/田辺誠一

いじめ、体罰、モンスターペアレント、教師のブラック労働・・・

まさに崩壊寸前の教育現場に スクールロイヤー(学校弁護士)が立ち向かう!!

この物語は、ある新人弁護士が法律を武器に 学校問題と格闘するなかで、

教師や生徒と体当たりで向き合い、 傷つきながら成長していく 「学園ヒューマンドラマ」である。

学園ドラマの設定で、これは面白いと思います。

【あらすじ】

新人弁護士・田口章太郎(神木隆之介)は青葉第一中学の校長室にいた。

今春から導入された「スクールロイヤー制度」で、 弁護士事務所のボス・高城(南果歩)から派遣されたのだ。

対面しているのは、娘が体罰を受けたと 学校に抗議してきた保護者である。

「学校を訴える!」と言って聞かない保護者に対し、 田口は「あなたの行為は『威力業務妨害』にあたる」 と言い切り、見事に追い返す。

校長の倉守(小堺一機)は事なきを得たと上機嫌だが、 教務主任の三浦(田辺誠一)は田口のやり方に反発する。

学校には学校のルールがある」と主張する三浦は、 生徒からも保護者からも信頼の厚い、 教師の手本のような人物である。

それから数日後、体罰問題は思わぬ事態へと発展する。

田口の態度に腹を立てた保護者が 1枚の文書を送りつけてきたのだ。

そこには担任教師・望月(岸井ゆきの)が 体罰を行った事実を認める文言と署名があった。

保護者に呼び出された望月があろうことか、 言われるがままに署名してしまったのだ。

スクールロイヤー・田口章太郎はこの問題を どのように解決に導くのか?

答えのない学校問題と格闘する日々が始まっていた――。