ドラマ情報 (日テレ、NHK)

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

ブラックペアン 2018年4月期ドラマ 感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブラックペアン 2018年4月期ドラマ 感想 TBS 日曜21時 4月22日スタート

f:id:max2111:20180409173307j:plain

出典:http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/

二宮和也/竹内涼真

二宮和也、日曜劇場 初主演! 自身初の外科医役で

“オペ室の悪魔”と呼ばれるダークヒーローを演じる!

シリーズ累計115万部突破、 海堂尊の原作をドラマ化!

原作は海堂尊の小説「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)。

日本の医療問題を、エンターテインメントを通して提起し続けてきた海堂。

彼が最初に発表した小説「チーム・バチスタの栄光」の 原点となるのが「ブラックペアン1988」である。

二宮が演じるのは、天才的な手技(縫合技術) を持つ外科医・渡海 征司郎。

大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼で、 万年ヒラの医局員だ。

手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医である一方、 その傲慢な性格と言動が周囲との軋轢を常に生んでいる。

同僚からは「患者を生かし、医者を殺す」 と評される、通称“オペ室の悪魔”。

そんな渡海がメスを握る東城大学医学部付属病院に、 他大学出身の新任の医師によって「外科医の腕を全く必要としない」

手術用最新医療器具が持ち込まれ、 新しい手術の形が導入されようとする。

技量に左右されず誰でも扱えるという心臓手術用の医療機器に、 外科医として手術の工程の一部を本当に任せることが出来るのか?

この技術導入に裏はないのか…? と疑い、 反対する渡海の闘いが始まる。

そしてこの闘いは技術導入だけの問題にとどまらず、

病院・研究室と製薬会社、医療機器メーカー、 そして厚生労働省などとの癒着問題にまで発展していく。

外科医としてのプライドを守ろうとする渡海が 嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かい、

新技術導入を巡る様々な不正や隠された過去を暴いていく、 痛快な医療エンターテインメントドラマだ。

渡海が医療の歴史が変わる渦の中に飛び込み闘う一方で、

「ブラックペアン」と呼ばれる真っ黒なペアン(止血用鉗子) に隠された真実をめぐる駆け引きと、

渡海自身が抱えるある因縁も明らかになっていく。

大きな権力や、医学の限界に立ち向かっていく 男の生き様を描いた人間ドラマとのこと。楽しみにしましょう。

あらすじ

第1話

東海地方にある東城大学医学部付属病院では、 “神の手”を持つと称される心臓外科医・ 佐伯清剛教授(内野聖陽)によって、 難しい心臓手術が行われようとしていた。

三ヵ月後に日本外科学会理事長選を控え、 佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の西崎啓介教授(市川猿之助)も

この手術を見学、治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)や 医療ジャーナル誌編集長・池永英人(加藤浩次)も注目する手術だ。

そんな重要な手術の最中、佐伯が受け持つ別の患者の容態が急変。

医師たちが対応にあたるが状態は悪化、 研修医の世良雅志(竹内涼真)や 新人看護師の花房美和(葵わかな)らはなす術がない。

そんなとき、手術室に一人の男が現れる。

同僚医師らから“オペ室の悪魔”と呼ばれる 外科医・渡海征司郎(二宮和也)は、 鮮やかなオペをしてみせるが…。

一方、東城大にやってきた新任講師・高階権太(小泉孝太郎)は、 最新医療用機器「スナイプ」の使用を推進しようとする。

彼は西崎教授から東城大に差し向けられた刺客だった─。