ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

あなたには帰る家がある 2018年4月期ドラマ 感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あなたには帰る家がある 2018年4月期ドラマ 感想 TBS 金曜22時 4月13日スタート

f:id:max2111:20180409172302j:plain

出典:http://www.tbs.co.jp/anaie/

中谷美紀/玉木宏

夫婦は家族だけど、他人。 平穏に見える夫婦の足元にも、 実は大きな落とし穴が!?

① 100人超の女性に「オンナの本音」をリサーチ!クスっと笑える“あるある”が満載!  仕事と家事の両立…夫との生活…思春期の子育て…、「夫婦あるあるネタ」に共感。

② 平穏に見える2組の夫婦を襲う“落ちてはいけない恋”

 忘れかけていた感情…燃え上がる想いと裏切りの罪悪感に、ハラハラドキドキの展開! ③ 危機に直面する「夫婦の絆」

 「夫婦の絆」は脆い…しかし、だからこそかけがえのないもの。ラストに起きる温かな奇跡にも注目!

あなたの家は、帰りたいと思える家ですか?

原作は、直木賞作家・山本文緒が1994年に発表した同名の長編小説。

「夫婦」という普遍的なテーマをリアルかつドラマチックに描き、多くの反響を呼んだ人気作だ。

ある2組の夫婦の日常に潜む、不満やすれ違い…。

誰もが共感できるリアルな生活を基にした大人の群像劇でありながら、次々と起こる予想外の展開から目が離せない!

また、クスッと笑えるユーモラスな「夫婦あるあるネタ」も満載!

まさに、金曜ドラマ枠らしい“大人が楽しめる”ドラマとのこと、これは楽しそうですね。

 主人公は、結婚13年目の主婦・佐藤真弓。演じるのは、中谷美紀だ。

一人娘の中学受験が無事終わり、子育てにひと段落した真弓は、学費などで圧迫された家計を助けるべく、十数年ぶりに仕事に復帰しようと決意する。

 真弓の夫で、住宅販売会社のサラリーマン・佐藤秀明を、玉木 宏が演じる。

家族の平穏を守るため真弓が一人で頑張ろうとすればするほど、秀明は窮屈さを感じ、真弓とは対照的な人妻との“落ちてはいけない恋”に奔ってしまう…。

 また、ユースケ・サンタマリアが演じるのは、物語のキーパーソンとなる茄子田太郎。 家庭的で美しい妻を持つが、時代錯誤といえるほどの亭主関白でいわゆる“モラハラ夫”。

自宅の外でもトラブルメーカーだ。

職業は中学校の教師で、真弓と秀明とは、意図せず別々の場所で出会うことになる。

 その家庭的で美しい妻、茄子田綾子を演じるのは、木村多江。

綾子は夫・太郎と息子とともに太郎の両親と同居する主婦として完璧な女性。

家事と育児に没頭することで「幸せだ」と納得してきた綾子だったが、秀明と出会い、強く惹かれていく…。

一見、平穏そうに見える夫婦でも、その足元には大きな落とし穴が!?

危機に直面することで露になったのは「夫婦の絆」の脆さだった…。

忘れかけていた燃え上がる想いと裏切り。

妻に…夫に…決して知られてはいけない…! “落ちてはいけない恋”によって、二組の夫婦が翻弄されていくという、「夫婦」をテーマにしたドラマでありながら、予想外の展開でハラハラドキドキのストーリー。

 「夫婦の絆」は脆い…。しかし、だからこそ、かけがえのないものだ。物語のラストには、温かな奇跡が用意される予定だ。

あらすじ

第1回

 佐藤真弓(中谷美紀)は結婚13年目の専業主婦。

住宅販売会社で働く夫・秀明(玉木宏)と受験戦争を終え、見事名門中学に合格した娘・麗奈の3人家族だ。

少々雑な性格の真弓に対し、畳んだシャツの皺や冷蔵庫にある食品の賞味期限が気になる秀明…。

共通の友人・圭介の営むカレーカフェで、相手への愚痴を吐き出す日々だ。

麗奈の中学入学式の帰り道、真弓は、かつて旅行代理店で働いていた時の同期・由紀に偶然再会し、職場復帰を勧められる。

 一方秀明は、モデルハウスを訪れた茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)と妻の綾子(木村多江)の接客にあたっていた。

秀明が建て替えを進めるも、太郎は横柄な態度で応じ、なかなか一筋縄ではいかない様子…。

その夜、再就職に誘われたことを秀明に話す真弓は「無理だ」と言わんばかりの秀明の態度に反発し、思わず職場復帰を決めるのだった。

 後日茄子田家を訪問し、営業する秀明だったが、またもや太郎からぞんざいに扱われてしまう。

その帰りがけ、妻の綾子に呼び止められる秀明。夫の無礼を詫び、秀明を気遣う綾子の健気さに思わず心を奪われてしまう…。

そんなこととは露知らず、張り切って職場復帰を果たす真弓だったが、働く環境がすっかり変わっていて、予想外の苦戦を強いられる。

年下の社員で指導係の小島希望からはお荷物扱いされた挙句、大きなミスをしてしまう。 落ち込んで帰宅した真弓は、家事に非協力的な秀明と口論に。

 二組の夫婦に見えない亀裂がすこしずつ走り始め…