ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

Missデビル人事の悪魔 2018年4月期ドラマ 感想

スポンサーリンク

Missデビル人事の悪魔 2018年4月期ドラマ 感想 NTV 土曜 22時 4月14日スタート

f:id:max2111:20180409172110j:plain

出典:http://www.ntv.co.jp/missdevil/

菜々緒/佐藤勝利

菜々緒が、その豪腕から『人事の悪魔』 と呼ばれる強烈なキャラクターの 人事コンサルタントに。

彼女が、どんな会社にでも起こりうる問題を、 大胆な手法で解決していく様を、 サスペンスチックに描く、美しき悪魔のショータイムです。 これはぜひ見なければなりませんね。

あらすじ

第1回

老舗の損害保険会社「共亜火災」に入社することになった 博史(佐藤勝利)は、家族に愛されて育った心優しい青年。

就職活動中に親しくなった真冬(白石聖)や南雲(前田航基)、 関内(山本直寛)と共に、晴れて入社式の日を迎えた。

初めての会社員生活に挑む彼らを待ち受けていたのは、 「社員は家族」をモットーとする会長の喜多村(西田敏行)と、

腹の奥で何を考えているかわからない社長の大沢(船越英一郎)、

切れ者だが心優しき人事部長・千紘(木村佳乃)。

そして、大沢の抜擢で「共亜火災」にやってきた 人事コンサルタントの椿眞子(菜々緒)。

博史たちは、入社翌日から眞子の元で 新人研修を受けることになった。

そしてスタートした2週間の新人研修。

初日に眞子が新入社員に課したのは 「退職願い」を書くことだった。

その場で50人の新入社員を 研修中に10人に絞ると宣言する眞子。

博史たちは10組のチームに分けられ、 様々な課題で順位を競うことに。

ランニングや穴掘り、チームの仲間の欠点を挙げるなど、 過酷な研修に取り組む博史たち。

新入社員たちは次第に疲弊し、 研修初日に書いた「退職願い」を提出する者が出始めた。

事故で足が不自由になった父・修(鶴見辰吾)と 家族のために、歯を食いしばって研修に耐える博史。

一方、財務省にコネを持つ日下部(森永悠希)と 同じチームになった南雲は、日下部とその取り巻きによって 精神的に追い詰められていく。

そして遂に30人以上の新入社員が 「退職願い」を提出。

眞子のやり方に疑問を抱いた千紘は、 研修を中止するよう申し入れるが…!?

スポンサーリンク