ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

オーファン・ブラック フジ 土曜夜11時40分 冬ドラマ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オーファン・ブラック フジ 土曜夜11時40分 冬ドラマ f:id:max2111:20171230233027j:plain

出典:http://tokai-tv.com/orphan/

EPISODE 1 | 2017.12.02 O.A

 施設育ちのシングルマザー・青山沙羅(知英)は協調性もなく、こらえることも苦手な性分。仕事も長続きせず、一人娘の萌絵(庄野凜)を養母の冴子(麻生祐未)に半ば取り上げられ、孤独な日々を送っていた。

 「お金さえあれば、一緒に暮らせるのに・・」

 そんなある日、駅のホームでひとりの女性に出会う。

女性は沙羅と同じ顔をしていた。衝撃を受ける沙羅。

が、次の瞬間、女性は疲れた顔でホームに飛び込んでしまう。

周囲にいた人々が騒がしくなる中、沙羅は衝動的に自殺した女性が残したバッグをつかみ、その場を立ち去る。

バッグの中にあった運転免許証を見る沙羅。自殺した女の名前は椎名真緒子(知英)。

そして、バッグには携帯と、鍵が入っていた……

沙羅は養護施設から一緒に引き取られた弟・薫(西銘駿)に、自分の身に起こった不思議な出来事を話し、薫の制止を無視して真緒子の家に向かった。

真緒子の家は、横浜の高級住宅街にあった。同じ顔なのに、自分と違い幸せそのものの真緒子の生活に悔しさが募る沙羅。

部屋にあった真緒子の写真には、恋人らしき男性と写ったものが。なぜ自殺を?沙羅はそんな疑問を抱く。やがて沙羅は、部屋の中から預金額750万円と記された通帳を発見。

この金を自分のものにすれば、萌絵や薫と新しい生活を始められる!そんな時ネットニュースで自殺した真緒子の身元が不明のままであることが判明。

「…薫。私、いいこと考えちゃった」…真緒子と入れ替わることを思いついたのだ。

真緒子になりすまし銀行に向かう沙羅。しかし、そこで不意に強面の男に車に連れ込まれる。何が何だか分からず逃げようとする沙羅に男がいい加減にしろと叫ぶ。

男の名は金城(岡田浩暉)。真緒子の同僚で刑事だった。刑事の振りなんて出来るわけがない。

作戦を中止しようと薫に電話する沙羅だったが、その頃、薫はすでに沙羅の死亡届を受け取ってしまっていた。

 真緒子の振りを続けざるを得なくなる沙羅。 とにかく、銀行で750万円を下ろすまで。下ろしたらすぐに萌絵と薫と三人でこの町 から逃げ出す。薫とそう約束する沙羅。

ところが、その晩。海外出張に行っているはずの真緒子の婚約者・岩城槙雄(山崎育三郎)が突然帰って来る。

「何か、いつもと違う……」槙雄が不審げに沙羅を見る。追い詰められた沙羅は……!?

EPISODE 2 | 2017.12.09 O.A

 沙羅(知英)とオク・ヨンエ(知英)の乗っていた車が襲撃される。頭を撃ち抜かれたオクは即死。混乱の中、真緒子(知英)のピンクの携帯が鳴り響く。

 電話の相手は東北弁の見知らぬ女だった。女は沙羅を真緒子と思い込み、電話が繋がらなかったことを責め、次々に質問をしてくる。

オクからブリーフケースは受け取った? さっぱり状況が理解できない沙羅。オクが亡くなっていることを告げると女はショックを受ける。

「私たちは誰かに狙われてるって、全部本当だったんだ……」女は慌て、オクの髪の毛と血液を“サンプル”として持って来るよう命じ電話を切ってしまう。

薫(西銘駿)の家に戻った沙羅は、オクと電話の女のことを話す。危険な“なりすまし”は止めようと沙羅を諭す薫。言われずとも関わるつもりは沙羅にはなかった。

真緒子の預金750万円を持って、養母・冴子(麻生祐未)に奪われた娘の萌絵(庄野凜)を引き取り一緒に暮らす。

しかし、750万円が入っているはずのバッグを開けるとそこには高畑智子(鳥居みゆき)誤射事件の書類が入っていた。

真緒子の同僚刑事・金城(岡田浩暉)の仕業だった。金を返してもらうには真緒子として聴聞会に出るしかなく……。

 聴聞会のための準備をしようと真緒子の家に戻る沙羅。すると、真緒子の恋人・槙雄(山崎育三郎)が待っていた。

帰りが遅いことをなじる槙雄に、沙羅はつい突き放すような態度を取ってしまう。「いい加減、俺を試すような真似はやめろ」槙雄は、家を出て行ってしまう。槙雄へ複雑な感情を抱き始める沙羅。

 沙羅は真緒子の起こした誤射事件について書かれた調書を読むうち、真緒子の身に何が起きたのか興味を抱く。真緒子はなぜ自殺したのか……オクはなぜ撃ち殺されたのか…… 「ブリーフケースに答えがある」オクの所持品からホテルのカードキーを見つけた沙羅は、薫の制止を無視してオクになりすまし、泊まっていたホテルを訪れる。

部屋に入り、愕然とする沙羅。部屋は何者かに荒らされていた。テーブルには聖書と首のもげた人形が。沙羅は、改めて自分が危険な立場にいることを認識する。

と、突然、ホテルのドアが激しくノックされる。緊張の中、ドアを開けると……

EPISODE 3 | 2017.12.16 O.A

 沙羅(知英)は自分と同じ顔をした主婦・リカ(知英)と大学院生の泉(知英)から「自分たちはクローンで、誰かに命を狙われている」と告げられる。

にわかに信じられず笑ってしまう沙羅。

 翌朝、県警の捜査一課に出勤する沙羅。何としても金城(岡田浩暉)に奪われた750万円を取り戻し、娘の萌絵(庄野凛)と義弟の薫(西銘駿)と三人で暮らす!

婚約者の槙雄(山崎育三郎)にばれる前にお金を返してと金城に頼む沙羅。

しかし金城は、真緒子[沙羅]が刑事に復帰してからだ、と取り合わない。

そんな中、沙羅は突然、課長の香川(冨家規政)から復帰を認められる。

事態は好転したかと思いきや、そうではなかった。沙羅が埋めたオク(知英)の死体が掘り起こされてしまったのだ。

死体は重機で掘り起こされたため、バラバラになっており、顔も損傷が激しく身元を判別できない状態だった。

しかし、指紋で身元確認はできるという。

実は過去に逮捕歴のある沙羅。指紋を調べられれば「青山沙羅」が浮上してしまう。どうすれば良いか分からず、思わず泉に相談する。

一方、泉やリカは本気で追跡者の陰に怯えていた。二人を守る役目を、自殺した真緒子(知英)が担っていたのだ。

真緒子の代わりを求められる沙羅。だが、沙羅は自分には関係ないと突っぱねる。

そんな中、オクを射殺した犯人から県警に電話がかかってくる。

ボイスチェンジャーを使った異質な声。発言は意味不明ながら、殺人がまだ終わらないことを匂わせていた。

さらに、犯行現場の場所まで明らかにする犯人。

廃工場周辺を捜索した金城は、木の枝に串刺しにされた赤毛の人形の頭部を発見する。犯人の目的は何なのか……

一方、犯人が乗っていたと思われる盗難バイクの発見現場に向かった沙羅は、突然、何者かに発砲される。