ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

監獄のお姫さま 第4話  感想ネタバレ

スポンサーリンク

監獄のお姫さま 第4話  感想ネタバレ f:id:max2111:20171108205320j:plain

TBS火曜夜10時

出典:http://www.tbs.co.jp/pripri-TBS/

宮藤官九郎脚本の “おばちゃん犯罪エンターテインメント”です。

──罪を犯した5人の女たちと、罪を憎む1人の女刑務官──

決して相容れないはずの両者の心が通じた時、ある男への復讐が始まる…!!

しかし、そのリベンジ計画はまさかのハプニングばかり!?

過酷な状況でも逞しく生きる女たちの 生き様を通して、絆、友情、生きる意味を描く…

ドラマは、女子刑務所の中という 過酷な状況でたくましく生きる女たちの 群像劇。罪を犯してしまった、

生きることに不器用な人間たちの 切なさや悲しさを、時に笑えて、 時に泣ける物語として描くとともに、

「人はなぜ生きるのか?」「幸せってなんだろう?」 という真面目なテーマを、 面白く、明るく、そして深く問いかける。

物語は、5人の女がある大企業の イケメン社長を誘拐するところから始まる。

当初、何が目的なのか、 5人はどういう関係なのか、 すべてが謎に包まれたまま…。

しかし、次第に明らかになる社長の過去。 彼は愛人を殺した殺人犯だった。

社長誘拐計画は、その殺人の真相を暴き、 まだ刑務所にいる前社長の娘の 冤罪を晴らすためのものだった。

しかし復讐は彼女たちが計画した通りに進まない。

さまざまなハプニングが起こり、 そのたびにパニックに陥る5人の女。

それでも、それぞれの得意分野を活かして、 なんとか軌道修正を図っていくが…。

時はその6年前、 一人の女が新しく出来た女子刑務所に 入所してきた日に戻る。

彼女の名前は、馬場カヨ・小泉今日子。

罪状は、不貞を働いた夫を刺した殺人未遂だ。

カヨが生まれて初めて経験する女子刑務所。

そこは後悔、嫉妬、羨望、罪悪感… さまざまな思惑が交錯する場所だった。

そこで彼女が出会う、一筋縄ではいかない女たち。

足立明美・森下愛子は違法薬物不法所持。

勝田千夏・菅野美穂は所得隠しと巨額の脱税。 千夏は刑務所のリーダー的存在だ。

大門洋子・坂井真紀は詐欺と横領。

そして江戸川しのぶ・夏帆。 しのぶの罪状は殺人だったが…。

5人は、それぞれにイタイ女だが、 可愛くて可哀想なところもあった。

そんな彼女たちを見守る厳格な 刑務官にして教官、若井ふたば・満島ひかり。

罪を憎んで生きてきたふたばは、 このイタイ女たちを立ち直らせるべく、 厳しくさまざまな教育を施す。

しかし5人と接しているうちに、 冷たく閉ざされたふたばの心がだんだんと開かれ、 人としてはダメだが魅力的な彼女たちに 気持ちを奪われていく…。

当初は、周りに馴染めずにいたカヨだが、 リーダー的存在の千夏との関わりから、 だんだんと仲間意識が芽生えていく。

そして誰とも交わらず、 常に1人で行動している しのぶの実情を知る。

実は、しのぶは冤罪で服役しているというのだ。

冤罪なんて許せない…

カヨは、出所後4人で集まって、 しのぶの冤罪を晴らす復讐計画を立てる。

そしてふたばもその計画に加わることに!

6人の女たちが送る、 “おばちゃん犯罪エンターテインメント”!!

果たして、女たちの リベンジ計画はうまくいくのか?

なんか、ワクワクしますね。 平均視聴率は、8.57%とまずまずです。 これからに、期待しましょう。

あらすじ

1話 誘拐

年の瀬も押し迫ったクリスマスイブ、

カリスマ経済アナリストとして有名な

勝田千夏 ・菅野美穂とイケメン社長として人気を集める 板橋吾郎 ・伊勢谷友介は、テレビ番組にゲスト出演していた。

久しぶりに再会した千夏と吾郎は、何やら親密な様子。

そんな中、収録中に AD が出したカンペに “息子が誘拐された” と書いてあり驚く吾郎。

実は、スタジオに入り込んだ 馬場カヨ ・ 小泉今日子 がすり替えたものだった。

一体何が起こったのか !?

その後、朝から吾郎とその家族の動向を見張っていたカヨは、 大門洋子 ・坂井真紀、足立明美 ・森下愛子)と連絡を取り合って 郊外のアウトレットへ向かった。

あることがきっかけで、 吾郎の息子を誘拐しようとするカヨたちだが、 洋子が違う子を連れてきてしまい大混乱。

皆で計画を立てた復讐ノートを見て、 どうにか立て直そうとするカヨたち。

どうすればいいかわからず 若井ふたば ・満島ひかり に泣き付くが…。

2話 収監

2011年秋、夫への殺人未遂事件で、 馬場カヨ は5年の実刑となり 「自立と再生の女子刑務所」 に収監された。

入所してすぐに、最も厳しい刑務官・ 若井ふたば から人定質問を受けたカヨは、 ふたばの威圧感に負けそうになる。

そしてこの日から、カヨは刑務所内では “69番” としか呼ばれなくなる。

新人寮から雑居房に移ったカヨは、 そこで24番・足立明美 、31番・大門洋子 、 56番・小島悠里 ・猫背椿、 106番・リン ・ステファニー・エイ)の4人と 同房になり、洋裁工場に配属された。

そんな中、カヨは受刑者として刑務所にいる カリスマ経済アナリストとして有名な 勝田千夏 とすれ違い驚く。

彼女は脱税の罪で収監されていたのだ。

ある日、運動場で偶然千夏と話す機会ができたカヨは、 千夏が書いた本の話で意気投合!したかのように思えたのだが、 その後カヨへの嫌がらせが待ち構えていた… !?

一方、2017年のクリスマスイブ、 カヨたちによって誘拐されたイケメン社長・板橋吾郎 は、 彼女たちがアジトにしているガレージに拘束されていた。

なぜ自分がこんな目に遭うのか理解できない吾郎は…。

3話 新人

“爆笑ヨーグルト姫事件” の裁判のやり直しを求め、 警視庁前で犯行声明を読み上げる 板橋吾郎 の長男・勇介 ・前田虎徹。

池畑刑事 ・米村亮太朗は、 無事保護された勇介から情報を聞き出そうとする。

2012年・初春。自立と再生の女子刑務所。

主任の北見 に引率された 江戸川しのぶ ・夏帆が、 新人寮から カヨ ・明美 ・洋子 ・悠里 ・リン のいる 南2号棟雑居房に連れて来られる。

以前テレビで見た爆笑ヨーグルト姫が 目の前に現れ、洋子たちはしのぶに興味深々の様子。

ある日、洋裁工場で教育係に指名されたカヨが、 しのぶにバックの作り方を教えていると、 突然しのぶが体調不良で倒れる。

カヨがしのぶをいじめたのではないかと調査が行われ、 護摩所長 はカヨの懲罰でいいのではと判断するが、 若井ふたば の提言からしのぶを独房に戻して様子を見ることに。

すると独房にいるしのぶの前に、千夏 が現れて…。

そんな中、担当検事の 長谷川 ・塚本高史がカヨに面会にやって来る。

カヨが出した息子への手紙と、 離婚届をカヨの夫に託されて持ってきたのだった。

離婚届に愕然となるカヨ。

と、突然警報のベルが鳴り響いた。 独居房にいたはずのしのぶが姿を消したのだ。 一体しのぶはどこに… !?

4話 秘密

カヨ の夫・武彦 が突然面会に来た。

5年生になる息子の様子を話しながらも、 事件に対して怒りも恨みもなく、 自業自得だったとカヨに詫びる。

だが 「息子に会いたい」 と願うカヨに、 武彦は一方的に離婚届を出す。

洋裁工場では新しい作業が始まる中、 しのぶ の妊娠に一人気づいたカヨは、 刑務官の ふたば に相談するため 二人きりになろうとあれこれ試みるが…。

そうこうしているうちに、ついにしのぶが倒れ、 救急車で緊急搬送されてしまう。

一方、2017年12月24日。 拘束している 板橋吾郎 に、 爆笑ヨーグルト姫事件に関して、 何とか吾郎の関与を認めさせようとする面々。

そんな時、アジトにある男が現れ…!?

5話(予告)

板橋吾郎 が行方不明になってから 3時間が経過しようとしていた。

そんな中、弁護士が動画サイトで 吾郎の姿を発見する。

それは、カヨ たちが “爆笑ヨーグルト姫事件” の裁判やり直しを要求するため、 吾郎に文面を読ませたものだった。

再審の難しさを訴える検事の 長谷川に 若井 は食って掛かる。

いっぽう2012年・女子刑務所では…

若井から、しのぶ の出産と 悠里 の仮釈放決定の知らせを受け、 カヨたちは喜びと寂しさを同時に味わっていた。

そんな中、美容資格取得のガイダンスが行われる。

カヨは受刑期間が長いので可能だったが、 受刑期間が短く受講を諦めた 洋子 と 明美 は、 しのぶの子供のため、ベビーシッターに興味をもつ。

また、担当は唯一美容免許を持つ 若井が美容担当を兼務することに。

カヨは、そこで若井が美容師の資格を 取得したいきさつを知る。

そして、ついに刑務所に 赤ちゃん を連れたしのぶが戻ってくる。

所内で子育て、 今までにないケースに迷う 護摩所長 …。

おばさんたちはしのぶと勇介を守れるのか… !?

スポンサーリンク