ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

スポンサーリンク

明日の約束 2017年10月期ドラマ 火曜 感想ネタバレ

f:id:max2111:20170917151840j:plain

フジ 火曜夜9時

出典:https://www.ktv.jp/yakusoku/index.html

井上真央/及川光博/仲間由紀恵

誰よりも人の心に寄り添うスクールカウンセラーが 突如発生したこの世でいちばん謎が残る死の原因を究明する ヒューマン・ミステリー。

次から次へと立ちはだかる難題の数々、 そして人の心の闇に対峙する!

主人公の 藍沢 日向 は、 高校のスクールカウンセラー。 「親でもない、教師でもない、

最後に味方になってあげられる大人」として、 学校や家庭の問題に悩む生徒の 心のケアに生活をささげる。

背後に、誰にも相談できない苦悩… “毒親”とも言える過干渉な母親との いびつな関係に悩んで育ってきた経験があったからだ。

日々、業務に熱心にまい進する日向はある日、 気にかけていた不登校の男子生徒から 「ヒナタ先生のことが好きです…」と告白される。

しかし、その翌日、彼は不可解な死を遂げてしまう。

はたして、誰が彼を死なせたのか…。

彼がいなくなった世界では、“犯人探し”が始まる。

すると、彼が抱えていた“闇”が 次から次へと明らかになり、 原因究明に動く日向の前に立ちはだかる。

学校での陰湿ないじめ、日向の母親と同じ “毒親”による息子への過干渉、 彼自身の非行歴と不穏な交友関係…。

また、日向自身の周辺…男子生徒の母親からの言いがかり、 自らの“毒親”からの抑圧、恋人との心が引き裂かれそうなトラブル、 心から離れない男子生徒からの「告白」の記憶といった難題も、 彼女を次第に追い込んでいく。

しかし、日向は、生徒の死の原因を究明したい一心で、 持ち前の前向きな性格を武器に、 あらゆる問題に向き合っていく。

その先に日向が見つけた「生きる上で大切なこと」とは?

果たして、そこから日向が導き出した「親子のカタチ」とは?

仲間由紀恵さんが演じるのは、不可解な死を遂げる椿が丘高校の男子生徒・吉岡圭吾の母親・吉岡真紀子。

息子・圭吾を愛しすぎるが故に異常なプレッシャーを与え続けてきた“毒親”で、不登校の圭吾のために家庭訪問に来て様子を伺う日向に対して、強烈な不信感を抱きます。

実は日向も、圭吾同様に、感情の起伏が激しくてヒステリックな“毒親”に過干渉気味に育てられた経験を持っています。

真紀子は“毒親”の気配を日向に感づかれてしまうのですが、その裏には、日向自身にも“毒親経験”があったのです。

仲間さんは、井上真央さん演じる藍川日向と緊張感あふれるやり取りを繰り広げる“毒親”の怪演をします!

圭吾の担任・霧島直樹を演じるのが及川光博さん。

実直な姿勢で生徒や保護者からの信頼が厚い。日向の最大の理解者にもなり、圭吾の死の真相究明に向けて“相棒”的存在となります。

眼鏡の奥の優しい眼差しと爽やかな笑み…。

頼れる霧島の存在が、真相究明にどのように関わっていくのでしょうか。

善も悪もユーモアも、変幻自在に表現する及川さんの演技に注目です!