ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

科捜研の女(17) 2017年10月期ドラマ 感想ネタバレ

スポンサーリンク

f:id:max2111:20170917145519j:plain

テレ朝 木20時

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/kasouken17/#/?category=drama

沢口靖子/内藤剛志/若村麻由美

最新科学捜査テクニックと 豊饒な人間ドラマ! 現行連ドラ最長の歴史を誇る 人気ミステリーの第17シーズンが この秋、スタート!

みどころ

■常に進化を遂げてきた 人気長寿ミステリーが さらに進化してスタート!

 京都府警科学捜査研究所の法医研究員・ 榊マリコ・沢口靖子を中心とした、

ひと癖もふた癖もある研究員たちが、 法医、物理、化学、文書鑑定などの 専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く。

 “最新の科学捜査テクニック”と “豊饒な人間ドラマ”が絡みあう ハイクオリティーなミステリーとして、 1999年のスタート時から根強い人気を誇っており、 現行のテレビドラマでは最も長く続いている 長寿シリーズです。

長寿ドラマでありながら常に進化し続けてきた 作品としての姿勢こそが長きに渡って 高い支持を集めてきた最大の理由ではないでしょうか…!

 第17シーズンとなる今作でも、 新たなチャレンジを取り入れながら、 人々の心の琴線に触れる珠玉のエピソードをラインナップ!

 2クール編成で極上のミステリーを たっぷりお届けしていきます!

■こんなマリコ見たことない… 話題の“衝撃的なマリコのワンカット”は今年も必見!!

 ヒロイン・榊マリコと共に歩んできた、沢口靖子は、 前シーズンからもうひとつのみどころとして、 これまでにない“マリコの衝撃的なシーン” に挑戦しました!

この、お茶の間を驚かせた 「衝撃的なマリコのワンカット」。

なかでも“お姫様の格好をした金髪マリコ!” “婚約指輪をもらう赤いドレスのマリコ!!” はインターネット上でも話題を呼びました。

 そんな「衝撃的なマリコのワンカット」を、 ご好評にお応えして今シーズンも継続します。

“見たことのないマリコの姿”は各話に1回必ず登場。

はたして、どんな驚愕のシーンが登場するのか?

さらにパワーアップする 「衝撃的なマリコのワンカット」にもご期待ください。

 また、「科捜研の女」の大きな魅力のひとつは、 京都を舞台にしていることでもあります。

今シーズンも京都ならではの伝統工芸や 産業、風習を題材にしたエピソードをお送りする予定です。

一方で、現代的で都会的な題材や、 アクション、スリル、特殊なシチュエーションものといった 「非・京都らしい回」であっても、

必ずワンカット、京都の魅力を伝えるカットを お届け致します。

刑事たちの「聞き込み」先だったり、 推理を語りながら歩く道だったり…

そんななにげないシーンでも、 京都の街の魅力を発信することで 視聴者を惹きつけることを狙います。

 「衝撃的なマリコのワンカット」と併せて、 そんな“京都のワンカット”を散りばめた 今シーズンをお楽しみください。

■最新の科学ネタが続々登場! 最新の科学捜査をわかりやすく魅せます!

 第17シーズンでも櫻井武晴、戸田山雅司という 日本トップクラスの脚本家2人が “ダブルメイン”で執筆に当たるほか、

実力派の女性脚本家たちが参加。

最先端の科学技術はもちろんアクション、 銃撃戦などのハードなテーマ、 京都の伝統、芸術、文化という叙情的で美しい題材を バランスよく織り交ぜたエピソードで シリーズを展開していきます。

 そして今シリーズでも、 森本浩史、田﨑竜太ら科学捜査を 熟知した監督陣がメガホンを取り、

最先端かつ一流の科学アイテムを登場させながらも、 難解になりがちな科学ネタをわかりやすく 面白く、描き出していきます。

 これまでに「レーザー盗聴器」、 「サーモヘリ」、「歩容認証システム」、 「色彩認証システム」、「3Dプリンタ」、

「ドローンによる空中戦」、「超微量物質の赤外分光分析」、 「X線による透視」、「麻薬探知蜂」などの 科捜研新兵器が登場。

今シリーズでも最新の科学ネタが 多数登場する予定です。

 さらに実験のシーンなどでは 何を目的に行っているのかテロップで 状況を説明するなどして、 科学捜査をよりお茶の間に身近にお伝えしていきます。

第1話あらすじ

 肉を熟成させるための熟成庫で 両腕を吊るされた男性銀行員の遺体が発見された。

マリコ・沢口靖子の見立てで 生きている間に吊るされたことがわかるが、 なぜか抵抗を示す外傷が見当たらない。

薬品を投与され抵抗できない状態だったのか?

所持品などから被害者が人気口コミグルメサイトで 「舌三郎」と呼ばれるカリスマ・レビュアーだったことが判明する。

 藤倉に連れられ、民間鑑定所の 鑑定人・江藤がやってきた。

熟成庫の持ち主でレストラン社長の里美が、 土門・内藤剛志らの捜査で 熟成庫が使えなくなったと抗議。

自分が事件とは無関係と証明するために 民間鑑定所に調査を依頼したという。

科捜研は藤倉の命令で 江藤にデータを提供することになる。

 呂太による熟成庫の温度と湿度の鑑定、 宇佐見による菌の鑑定などから、

マリコは被害者の死亡推定時刻を割り出すが、 江藤はわずか1時間ほどの違いを指摘。

呂太とは違い、熟成庫の風速の変化までも 計算に入れた結果だった。

さらに独自の調査で被害者が 「舌三郎」であることもつかんでいた江藤。

さらに徹夜して被害者が4年で2600件以上も 投稿していた事実も。

マリコら科捜研メンバーは 江藤の頭脳と行動力に目を見張る。

 カリスマ・レビュアーの採点が 店の評価を大きく左右することがわかった。

ということは、評価されることは店にとって死活問題。

里美が自らの店の評価を 低く採点されたために殺害したのか、 と思われたが、「舌三郎」は高評価。

殺害の動機はなくなったと思われたが、 土門は里美の真実の顔を暴いていく。

里美にはいったい何が?

そしてマリコらが明らかにする 「舌三郎」の意外な正体とは?

スポンサーリンク