ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!2017年10月期ドラマ 金曜 感想ネタバレ

スポンサーリンク

f:id:max2111:20170917144327j:plain

テレ東 金曜20時

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/universal_koukoku/

沢村一樹

直木賞作家・荻原浩の人気作品 “ユニバーサル広告社” シリーズ初の連ドラ化!

主演を務めるのは、 沢村一樹!

沢村が今回演じるのは、 弱小広告会社・ ユニバーサル広告社で働く、 コピーライター・杉山です。

港町の寂れたシャッター商店街に 事務所を移転したユニバーサル広告社の奮闘を描きます。

原作は、累直木賞受賞作家・荻原浩の 人気シリーズ“ユニバーサル広告社”。

そのシリーズの中から 「花のさくら通り」を連続ドラマ化します。

ストーリー

かつては一流広告代理店の売れっ子であり、 時代の寵児とも言われた時もあった杉山・沢村一樹。

自分の力を信じて、大手広告代理店を飛び出し 独立を考えたが思い描いていたようにうまくは行かず、

弱小会社「ユニバーサル広告社」に拾われる。

不運は続き、会社の移転でたどり着いたのが 港町の寂れたシャッター商店街…。

だが、どんなに寂れて活気がない町でも、 人が生きている以上、悩みがあり、 小さな依頼だ が仕事がある。

新天地で弱小広告社の新たな奮闘が始まる。

主演・沢村一樹:コメント

今回は特番からの連ドラということで、 より一層気合を入れて臨みたいと思います。

岡田作品は「ひよっこ」に引き続きなので、 岡田さんの世界観を表現する為の準備は十分整っています!

荻原先生の人情味溢れる原作を、 岡田さんがいかに肉付けしてくれるか、 今から楽しみです。

スタッフ・キャスト、みんなと息を合わせて、 テレビ東京でしか作れない連ドラを 視聴者の皆さんにお届けしたいと思います。

原作・荻原浩:コメント

原作は、昔々、広告の会社に勤めていた頃 のことを思い出しながら書いた小説です。

自分も周囲もみんなおバカで、 なんとなく負け組で、毎日死ぬほど忙しく、 それなのにとっても面白い日々でした。

ドラマでもそんな雰囲気を 感じてもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク