ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

コウノドリ(2) 2017年10月期ドラマ 金曜

スポンサーリンク

f:id:max2111:20170916184225j:plain

TBS 金曜22時

出典:http://www.tbs.co.jp/kounodori/

綾野剛/松岡茉優/吉田羊

あの“奇跡”のヒューマン医療ドラマが帰ってくる──

講談社「モーニング」で人気連載中の鈴ノ木ユウ・原作 『コウノドリ』

テーマは“生まれること、そして生きること”

命が「生まれる」という“奇跡”とは… その命を育て、「生きること」とは…

生まれてきた全ての人へ捧ぐ いとおしい「命」の物語がふたたび─

と、感動の内容です。

綾野剛が真摯に「命」に向き合う 産婦人科医の2年後を演じ、

さらに 松岡茉優 吉田羊 坂口健太郎 星野源 大森南朋 ら 前回シリーズを彩った豪華共演陣も出演決定

原作は、同名のヒューマン医療漫画。

1児の父である原作者の鈴ノ木が、 わが子の出産を通して知った「命」の現場。

産婦人科医が主人公の作品は 男性誌では異色ですが、決して大げさではない リアルな産科医療の現場を描かれているヒット作。

「出産」に関する医療従事者と患者のあたたかい 人間ドラマをベースに、「妊娠」「出産」で 生まれる人と人との結びつき、 夫婦そして親子のあり方、

「命」が誕生するまで、 誕生した後の葛藤、倫理、医療関係者と患者の関係など、 命が誕生する「奇跡」がテーマとして描かれた前作。

原作の世界観を忠実に再現し、 かつ実際の病院で取材したことによる リアルな描写が好評を博し、 多くの共感と感動の連続を生み、 毎話、視聴者の涙を誘いました。

今回、新シリーズで新たに掲げるテーマは、 「生まれること、そして生きること」。

当時、連続ドラマ単独初主演ということも 話題であった綾野剛さんが、

あるときは冷静な判断力と患者に寄り添うことを ポリシーとする産婦人科医、

またあるときは情熱的で謎多き天才ピアニスト という2つの顔を持つミステリアスな主人公・ こうのとりサクラの2年後の姿を演じます。

また、前作に引き続き、俳優業と共に バラエティでの活躍も目覚しく、 今年初主演映画も控えている松岡茉優さん、

ドラマや映画に引っ張りだこの中、 昨年初の連続ドラマ主演も務めた吉田羊さん、

ドラマと映画と大活躍の坂口健太郎さん、

昨年TBSで放送し大ヒットした ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に出演し、 アーティストのみならず 益々俳優としての活躍が期待される星野源さん、

数々の映像作品でその存在感を放ち、 自身が率いるバンド「月に吠える。」 での活動も精力的な大森南朋さん。

他にも、浅野和之さん、江口のりこさんらが 前作と同じキャラクターを演じ、前作に出演後 さらなる飛躍を遂げた出演陣が勢ぞろいしました。

2年間という時間と経験が彼らをどう変えたのか、 さらに彼らの成長、心の揺れや葛藤などが 新たな物語の縦軸となり、物語を紡いでいきます。

前回と同様、原作のエピソードをベースに オリジナルに取材した題材を加え、 「生まれてきたことの意味」

「命を授かる奇跡」を丁寧に描きながら、 生まれてくる赤ちゃんとその家族の出産後の未来、

それに取り組む医療者たちの「未来」を 見据えたエピソードを展開して行きます。

新たな命に触れることにより生まれる葛藤、 思いがけず乗り越えなくてはいけない試練、 そして、医師や助産師、看護師たち 医療関係者が抱くそれぞれの決意とはー?

ドラマを観た人すべてが、自分の、身近な人の、 あるいは見知らぬ人の「命」について感じ、 考え、生きていることに感謝する…

社会の中で「命」を生み出し、 育ててゆく意味を考える…

リアルに母親世代である人々だけではなく、 近い将来お母さんになるだろう女性たち、 若い世代にも「命」の重みを知ってもらいたい。

出産や子育ては女性の問題と思っている男性たちに、 生まれてくる命を守ること、育てることは 自分たち、そして社会全体の責任であることを感じてもらいたい。

さらに子供たちにも、 自分たちが生きている意味を少しでも 考えるキッカケになって欲しい。 そんなメッセージを込めてお届けします。

「どんな命も意味のない命なんか無い。 生まれてこなかった方が良かった命なんか無い」

生まれてきたすべての人へ捧ぐ、 いとおしい「命」の物語─。

金曜ドラマ『コウノドリ』、放送に期待しましょう!

スポンサーリンク