ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

スポンサーリンク

ハロー張りネズミ 10話最終話 感想 ネタバレ 

f:id:max2111:20170911190551j:plain

TBS 金曜夜10時~ 出典http://www.tbs.co.jp/hello-harinezumi/ https://tv.yahoo.co.jp/

東京都板橋区の下赤塚に ひっそりと事務所を構える「あかつか探偵事務所」。

誰も引き受けたがらない面倒な案件ほどやりたがる、 という一風変わった探偵「ハリネズミ」こと 七瀬五郎とその仲間たちが、

ときには人情味あふれた哀しい事件を、 またあるときには想像を超えた難事件に挑んでいきます。

原作も面白かったですが、 ドラマも良さそうですね。

平均視聴率は7.15%とまずまずではないでしょうか。

最近のあらすじ

4話

ある日「あかつか探偵事務所」に人気漫画家の北村という女性が訪ねてきた。

その依頼は、娘の七恵と二人暮らしの家の中に、ほかの誰かが家にいる気配がするので調査して欲しいとのことだった。

奇怪な依頼に表情を曇らせるグレ・森田剛だが、人情とお節介をモットーにしているからとゴロー・瑛太たちは、この依頼を引き受けることにする。

その二日後、仕事場のマンションに缶詰になる北村は、七恵を一人で留守番させるという。

その機会を利用して、ゴローは北村の自宅に数台のカメラを設置し、娘の様子を監視することに。

すると、七恵が誰かと話をしている様子が映し出された。

その後、続々と起こる怪奇現象の数々にどう対処してよいか困ったゴローは、南に相談し、河合という霊媒師を紹介してもらうのだが……。

5話

北村家に巻き起こる怪奇現象について調べるゴローと河合。

河合曰く、和室にある床柱から霊気があふれており、それが発端となっているという。

一方、同じく床柱について調べていたグレは、北村の別れた旦那に話を聞きにいく。

聞けば、あの床柱は旦那のお気に入りで、わざわざ辺境の地から取り寄せたものだという。

それを聞いたゴローと河合は、さっそくその場所を訪れ、調査を開始する。

すると、その床柱は、ある祈祷師の怨念がつまったものだと知り…。

6話 

ある日、「あかつか探偵事務所」にゴロー宛の手紙が届く。

その文面には、「この手紙が届いたらすぐに私を訪ねてほしい。

でも私は死んでいるはずで、部屋の写真立ての裏に 犯人の名前を書いておきます…」という内容が綴られていた。

早速、ゴローが手紙の差出人・浅田玲奈を訪ねると、 自室のテーブルに突っ伏して死んでいる玲奈を発見。

ゴローは警察へ通報する。

現場に立ち会うゴローが刑事に尋ねると、 誰かと争ったような形跡もなく、 状況的に服毒自殺が考えられ、 死後2、3週間は経っているという。

そんな中、ゴローは写真立ての裏に 貼ってある紙を見つける。

警察に悟られないよう事務所へ持ち帰り確認すると、 「私を殺した犯人は伊佐川良二という男です」とのメモが。

その伊佐川という男を調べてみると、 なんと群馬県の県議会へ立候補している人物だった……。

7話

ある日、「あかつか探偵事務所」の近所にある 八百屋の店員・星野が訪ねてくると、 ある女性について調べてほしいと調査の依頼をする。

その女性は時々、閉店間際にやってきては 必ずネギを買って帰るという。

「その彼女を調べてどうしたいのか?」と 蘭子が聞くと、「デートに誘いたい」と答える星野。

その女性の写真を見せられたゴローとグレは、 星野の願いは叶わないと確信するも、 かほるは依頼を承諾。

カップルを装って調査する方が都合がいいだろうと、 ゴローと蘭子を担当に当てる。

ほどなく、調査対象の女性は 外資系企業でOLをしている中村七菜子だと判明。

また、複数の男性と交際し、 デートを繰り返しては身体の関係を持ち、 貢がせていることを突き止める。

そんな七菜子に苛立ちを覚えるゴローだが、 一方の蘭子は……。

果たして、健太の純粋無垢な恋の行方は?

そして、ゴローと蘭子の間にも急展開が!?

s 8話

ある日、ゴローとグレが、赤塚一番通り商店街の 中華屋へお昼を食べに行くと、

そこで働く無愛想な料理人・栗田精二と出会い、 生き別れになった自分の娘・朋美と息子を 探してほしいとの依頼を受ける。

栗田は妻と死別し、男手一つで子供たちを育てていたが、 その後、訳あって離れてしまったと言い、 蘭子が聞くと、かれこれ25年も会っていないという。

子供たちと離れた理由は聞かないでほしいという栗田。

手がかりとなるものは、10年前くらいに 娘から届いた手紙だけだ。

調査に乗り気でないゴローだが、 かほるに促され、

「とりあえず車で手紙にある住所へ行ってみる」 と答えると、栗田は 自分も連れて行ってほしいと申し出る。

その翌日、待ち合わせ時間に栗田が 「あかつか探偵事務所」を訪ねると、 グレが栗田を迎えた。

9話

所長のかほるから5ヶ月も家賃を滞納していると知らされたゴローとグレ、蘭子は、仕事の依頼を獲得するために街中で必死に宣伝のビラを配っていた。

そんなとき、悪役レスラーとして有名だった元プロレスラー・外道番長こと五十嵐圭吾を見つけたゴロー。

彼のファンだったゴローが興奮気味にサインをもらいにいくと、柄の悪い風貌とは裏腹に、気さくに接する外道番長。

しかし、たまたま園児を引率して散歩をしていた幼稚園の先生・岸本杏里を見つけると表情が一変。

そそくさとその場を去ってしまった…。

その後、ゴローたちが配っていたビラを手に杏里が「あかつか探偵事務所」を訪ねてくると、夏休みなのに遊びに連れて行ってもらえない園児たちのために、ヒーローショウを開催してほしいと依頼する。

探偵業とはかけ離れた杏里の依頼に困惑するゴローたちだったが、かほるの一言により、スナック輝のマスターと萌美を巻き込んでヒーローショウの開催を決意するのだが……。

10話最終話

家賃滞納により、ついに裁判所から退去命令が下された「あかつか探偵事務所」。

それを受けて、今まで気丈に振舞っていた所長のかほるも、事務所をたたむ決心をする。 そんなとき、権田辰夫という男が群馬県から事務所を訪ねてきて、権田家の敷地内のどこかに埋まっているはずの徳川埋蔵金を発掘してほしいという依頼する。

他界した祖父の遺言を権田が説明するも、にわかに信じられないゴローたち事務所の面々だったが、3000億ともいわれる埋蔵金の価値を知ると、一か八かこの依頼に賭ける決心を固める。

ほどなく、ゴローとグレ、蘭子、かほると総動員で群馬県の権田家へと向かうのだが……。