ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

妖怪ウォッチ 第186話 感想ネタバレ

スポンサーリンク

f:id:max2111:20170828223639j:plain

 テレ東 金曜夕方6時25分から

出典:https://tv.yahoo.co.jp/ 出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/youkai-watch/

ごくごく普通の小学5年生天野景太はある夏の日に、白い奇妙な生き物ウィスパーに遭遇した。

それからケータにつきまとうようになったウイスパーは何と妖怪だったのだ。

不思議な時計妖怪ウォッチをウィスパーから渡されたケータがその日から町の至る所に現れる妖怪たちが見えるようになってしまった。

日常溢れる困ったことはすべて妖怪の仕業だった。

ケータは困ったことを引き起こす妖怪を説得し、時には戦って問題を解決する。

そしてその妖怪と友達になる

第180話

【妖チューブで再生数バトルをしてみた!】 ケータが動画サイトを楽しんでいると、ウィスパーが妖怪の世界にも同じようなものがあるという。

その名も「妖チューブ」!なんと、ウィスパーも動画を投稿している「妖チューバー」のひとりだった!

さっそくケータたちが動画を見てみると、そこには妖怪パッドを高速スワイプしているいつものウィスパーの姿が…。

しかも、再生回数はたったの2回! ところが、コマさんの投稿動画は、桁違いの数億再生!!

ウィスパーは再生回数を増やすべく、過激な動画撮影に手を出すが…。

【妖怪D-レックス】 超ド派手なアクション映画を観て「あんな映画に出てみたい!」と興奮気味のケータたち。

そんなケータたちの前に、ある日、ド派手な爆発が大好きな妖怪“D-レックス”が現れ、今日をハリウッドアクションなみのハラハラドキドキな一日にしてくれるという。

すると、サッカーをしていたはずのケータの周りが急にアクション映画のシチュエーションになり、激しいカーチェイスが始まった!

たくみなハンドルさばきで敵から逃げ切った…かと思ったらドカーン!と爆発!

ところが、D-レックスより強力な爆発をさせるヤツが現れた!

181話

【妖怪モ作】 クマやカンチ、フミちゃんまでも「あーでもないこーでもない」と、ひとつのことに悩んでいる。

みんなには、納得がいくまで模索する妖怪“モ作”がとり憑いていた!

そんなモ作を追い払うためにジバニャンを召喚するが、まんまとモ作にとり憑かれてしまった…。

困ったケータがモ作にこんなことをする理由を聞いてみると、木を切るときの音に納得できないまま妖怪になってしまったからだという。

そんなモ作に協力すると決めたケータだったが、意外な妖怪が納得の音を奏でてくれた!!

【ラストブシニャンのジャポンの歩き方 「おにぎり」】 ジャポンの文化に興味を持ったラストブシニャンは、ジャポンに住んでいるトムニャンに出会い、ぜひともジャポンについて教えてほしいとお願いする。

メリケンレジェンド妖怪のラストブシニャンに出会い「トムニャン先輩!」と呼ばれ機嫌のいいトムニャンは「何でも教えてあげちゃうミャウ♪」と張り切っている様子。

早速ラストブシニャンに「オニギリ」の作り方を教えてほしいと頼まれるが、なんだかトムニャンの様子がおかしい…。

オニギリづくりに取り掛かったラストブシニャンは、なぜか“赤鬼”と戦っていた!

182話

【天狗たちの熾烈なる戦い!】 ケータたちが山にハイキングにやってくると、突風が吹いてクマとカンチの帽子が飛ばされてしまった。

今の風、何か変…。

と思っているとそこにいたのは、古典妖怪の“烏天狗”!

ケータが放った「天狗なのに鼻が長くないんだね…」の一言に怒った烏天狗は、どんどん強風を巻き起こしてケータたちを困らせる。

そこへ現れたのは、鼻が長い“天狗”!

やがて言い争いになったふたりは、どちらが天狗らしいか“天狗バトル”で勝負することになった!

審判は“ネクラマテング”だが…意外な結末がまっていた!

【妖怪ばたんQ】 学校から帰ってきたケータは、そのままベッドに倒れ込み眠ってしまった。

ケータにとり憑いていたのは、疲れて帰った人をバタンキューと休ませるレジェンド妖怪“ばたんQ”。

そんなばたんQに眠らされたケータは、三途の川でリフレッシュしているという…。

ジバニャンとウィスパーがその様子を覗いてみると、事あるごとにケータが三途の川を渡ろうとしていてジバニャンたちもドキドキ!

ところが、そんなジバニャンとウィスパーもばたんQに眠らされてしまった。

するとそこは、川を渡る船の上

183話

【バスターズトレジャー編 #5 ゾン・ビー・C(チョッパー)】 人間を妖怪に、妖怪を人間に変えることができる、大秘宝妖怪“ヨーデルセン”をよみがえらせるため、インディ・J(ジョーズ)とジバニャン、コマさんが大大大冒険中!

山岳地帯に足を踏み入れた一行は「クサレゾンビー遺跡」へとたどり着いた。

慎重に中を進んでいくが…やっぱりインディが罠にはまった!

と思いきや、まるでゾンビのような風貌のゾン・ビー・C(チョッパー)が先に罠にはまってくれたらしい。

インディはゾン・ビーと協力して冒険することにしたが、遺跡の奥には恐ろしいヤツらが待ち受けていた!!

【妖怪の盆踊り】 ケータたちが夏祭りにやってくると、そこにはコマさんとコマじろうもいた。

ふたりは、妖怪夏祭りに行くという。

コマさんたちに連れられて秘密の入り口を抜けると、古典妖怪のお化け屋敷やムダヅカイの射的などの出店があり妖怪たちが大盛り上がり!

そんな中、ふとコマさんが人間の女の子が紛れ込んでいるのを発見した!

はぐれてしまったというお兄ちゃんを一緒に探してあげることにしたコマさんとコマじろう。

仲良しのふたりに女の子もちょっと安心。

果たしてお兄ちゃんを見つけてあげることはできるのか!?

184話

【アンドロイド山田の夏休み】 あの心優しきアンドロイド・“アンドロイド山田”が帰ってきた!

愛する子供たちに会うため、かつて家族と暮らしたアパートを訪れたアンドロイド山田は、アパートが取り壊されていることに愕然とする。

大切な住処を失った家族の行方を心配していると、なんと、子供たちが見知らぬ男の車に乗せられようとしていた!

子供たちを守るため、アンドロイド山田はへそビームを放つが…。

やがて、子供たちが連れてこられた屋敷に到着したアンドロイド山田だったが、そこで衝撃の事実を知ることに!

【妖怪油すまし】 ケータのお母さんが、コテコテに油を使ったアブラギッシュな料理を大量に作っている! そこにいたのは、油が大好きな妖怪“油すまし”!

すると「油すまし先輩!」とウィスパーの態度が急変!

油すましは古典妖怪だった!

そんな油すましが、妖怪の世界にアブラギッシュブームを起こすためのパーティー「アブラギッシュナイト」を開催!

パーティーの途中で、油のいい匂いにつられて油すましがやってきたのはジェリーの家。 油料理の真っ最中のジェリーによって、油すましに大惨事が起こる…!!

185話

【バスターズトレジャー編 #7 すすり泣く黄金の棺】 大秘宝妖怪“ヨーデルセン”を見つけるため、インディ・J(ジョーズ)とジバニャン、コマさんは、「すすり泣く黄金の棺」があるハカバッカ遺跡へとやってきた!

 さまざまな棺が眠る「棺の間」に足を進めた3人。チョコボー型の棺やソフトクリーム型の棺を見つけたジバニャンとコマさんは大はしゃぎするが、中に入っていたのは石のチョコボーとソフトクリームだった。

そんななか、怪しげな棺からすすり泣くような声が!

インディが恐る恐る中を覗いてみると、見知らぬ妖怪が気持ちよさそうに眠っていた。

「ネコ2世」と名乗るその妖怪は、お宝探しの途中だというが……?

【妖怪クレクレパトラ ~妖怪ウォッチクリスタルトレジャー~】 今日のフミちゃんは「ちょ~~だいっ!」と言って、ケータのものを何でもほしがる。

そんなフミちゃんの様子を目の当たりにしたケータは、“これはフミちゃんが自分に信頼、愛情を抱いている証だ!”と思い、上機嫌だ。

帰り道、いつもとは逆にウィスパーから「妖怪のしわざでは?」と言われ、しぶしぶ確かめようとするケータだったが、妖怪ウォッチもフミちゃんにあげてしまっていた!

急いでフミちゃんから妖怪ウォッチを取り戻し、あたりを照らしてみると、そこには人のものをなんでもほしがるようにさせる妖怪“クレクレパトラ”がいた。

186話予告

【妖怪ガランドゥ】 ケータが部屋でくつろいでいると、ジバニャンがハラマキにいれていたチョコボーがないと慌ててやってきた。

すると急に「オレっちのチョコボー、ガランドゥニャン★」と、おかしなセリフとポーズを決めている。

妖怪ウォッチであたりを照らすとそこいたのは、なんでも空っぽにする妖怪“ガランドゥ”!

自分のお腹にケータの部屋のものをどんどん吸い込んでいくガランドゥは、ヒキコウモリが住んでいるクローゼットまで吸い込んでしまった!

ガランドゥのお腹の中はブラックホールになっており、吸い込まれたら二度と出られないというが…。

ケータたちはヒキコウモリを救出することができるのか!?

【オロチ VS メカオロチ】 オロチから頼みがあると聞いて、ケータはジバニャン、ウィスパーと一緒にうんがい鏡でオロチの元へやってくる。

頼みとは、戦いの行方を見届けて欲しいというもの。

そこへ現れたのは、ヒカリオロチと影オロチだった。

3人のオロチが戦い、オロチの中のオロチを決めるというのだ!

すると、激戦を繰り広げる3人の前に、“メカオロチ”と名乗る新たなオロチが出現!

「ナゼワタシガヨバレナイ?」と不満をぶつけるメカオロチだったが、3人はメカオロチの存在を知らず…!?

スポンサーリンク