ドラマ情報byポッキイ

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

悦ちゃん 7月15日スタート

スポンサーリンク

スポンサーリンク

悦ちゃん 7月15日スタート
NHK総合 土曜夕18時5分~

f:id:max2111:20170609184002j:plain

 

出典 http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/etchan/
出演 ユースケ・サンタマリア、平尾菜々花、門脇麦、石田ニコル ほか

冴えない作詞家の中年男に突然訪れた、人生最大の「モテ期」。

・・実はそれは、亡き妻の忘れ形見、10歳のお転婆娘が仕組んだことだった!

活気あふれる昭和10年の東京・銀座が舞台の、笑って泣ける極彩色あふれるラブコメディ。

10歳の女の子・悦子が、しみったれた「やもめ」の父・碌太郎のために、嫁探しに奔走、候補の女性たちと恋のさや当てが始まります・・。

原作は、大衆小説家・獅子文六の代表作。

【あらすじ】

昭和10年東京。柳悦子(平尾菜々花)は歌が好きなおしゃまな10歳の女の子。

その父で、売れない作詞家の碌さん(ユースケ・サンタマリア)は、いまだに死別した妻を忘れられず、荒れた生活を送っていた。

そんな父を見て悦子は、新しい碌さんのパートナーにして、自分のママとなる、「碌さんの第2の嫁さがし」を開始する。

最初のターゲットは、自分の担任教師・村岡。

悦子は村岡をたきつけて、碌さんとのデートにこぎつけるが、なかなかうまくいかない。
次に目をつけたのが、デパートで出会った売り子の池辺鏡子(門脇麦)。

鏡子は大人しい女性だが、地味で飾り気のないその人柄に悦子はひかれ、徐々に自分の母にと心を寄せていく。

だが、その頃、碌太郎の実姉・鶴代は、夫の会社の株主である銀行の令嬢で絶世の美女・カオル(石田ニコル)との見合い話を進めていた。

華やかな昭和ファッションも見どころのひとつ!