読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ情報byポッキイ

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 2017春

スポンサーリンク

スポンサーリンク

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 2017春 感想ネタバレ

f:id:max2111:20170309181725j:plain

 


出典 http://www.ktv.jp/crisis/index.html
フジ 火曜夜9時 4月11日スタート

本格派俳優小栗 旬と西島秀俊の
2人が民放連続ドラマ初共演!

直木賞作家・金城一紀が手掛ける
骨太なアクションエンターテインメント!

国家を揺るがす規格外の事件に立ち向かう、
規格外の男たちの活躍を描く!

「嘘の戦争」のあとのドラマですが、
なかなか見ごたえがありそうで、
期待できそうですね。

概要

テロリスト、政治家、新興宗教、軍事スパイ…
相手は想像をはるかに超える脅威ばかり。

刻々とタイムリミットが迫る中、
驚がくの展開が息つく暇もなく繰り広げられる!

善と悪が入り乱れる中で押し寄せる危機的状況!
それぞれの正義と苦悩が交錯した先に、
彼らを待ち受けているのは?

主演・小栗 旬さん演じる稲見朗をはじめとする
公安機動捜査隊特捜班が活躍する
骨太なアクションエンターテインメント。

稲見と共に特捜班に所属する
田丸三郎を西島秀俊さんが演じます。

長塚京三さんが演じるのは、
警察庁警備局長・鍛治大輝。

稲見、田丸、吉永三成(田中哲司)、
樫井勇輔(野間口徹)、大山 玲(新木優子)が
所属する公安機動捜査隊特捜班を

自身直轄の秘密部隊として組織した、
いわば特捜班の生みの親です。

国家を揺るがすテロ事件との対峙を迫られ、
高度な政治的案件も飛び交う中、

極めてドライかつ合理的な考え方をする切れ者で、
主に自身の忠実な部下である青沼祐光(飯田基祐)

を介して特捜班に任務を言い渡しますが、
誰もその本心をうかがい知ることはできません。

鍛治の思惑が特捜班メンバーの
任務に対する葛藤に大きく影響を与えることになります。

はたして、「俺のサラブレッドたち」と評する
特捜班の手綱を握って、鍛治はどこへ向かおうとしているのでしょうか?

青沼や特捜班メンバーを相手に
鍛治が言い放つ言葉の数々は、淡々とした口調とは裏腹に、
見る者をゾクゾクさせる底知れない怖さがあります。

底知れない怖さを持つ「特捜班の生みの親」の目的は?
見る者をゾクゾクさせる「言葉のアクション」に注目です!