読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ情報byポッキイ

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

警視庁捜査一課長 season2 2017春

テレビドラマ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

警視庁捜査一課長 season2 2017春

f:id:max2111:20170308170239j:plain

 

出典 http://www.tv-asahi.co.jp/ichikacho2/
テレ朝 木曜夜8時

2012年7月、『土曜ワイド劇場』からスタートし、
2016年4月クールの『木曜ミステリー』枠で

連続ドラマとして羽ばたいた『警視庁・捜査一課長』。

最終回2時間スペシャルで12.3%の高視聴率を
獲得するなど大好評を博した人気ドラマが、

この春、頼れる上司“捜査一課長”(内藤剛志)に
若手刑事役・田中圭という新たなメンバーを迎え、
パワーアップして帰ってきます!

なかなか楽しそうですね。

概要

 物語の舞台は、警視庁の花形部署、捜査一課。

400名超の精鋭刑事を統率する捜査一課長は、
いわゆるキャリアが占めるほかの警察要職とは異なり、

ヒラ刑事から這い上がってきた
“叩き上げ”が務める、特殊なポスト。

都内で起きるすべての凶悪事件に臨場し、
いくつもの捜査本部を同時に指揮しながら

捜査方針を決め、重大な局面では
自ら捜査に乗り出すなど、
極めて重い責務を担っています。  

しかし、主人公の大岩純一一課長は、
決してスーパーマンではありません。

大岩が苦悩の中、重責を乗り越え、
部下を導いていく姿は、まさに
“等身大のヒーロー”であり、“理想の上司”です。

 前作に引き続き、大岩を演じるのは、
幅広い層から絶大な支持を集める内藤剛志!

1980年の映画デビューから長い下積み時代を経て、
主演俳優に上り詰めた内藤は、一課長の生き様を
地で行く“叩き上げ”の役者。

“連ドラの鉄人”として、常に“旬の俳優”
であり続ける内藤剛志が、シーズン2でも
“熱き魂を持つ男”に挑みます!

 シーズン2では、ミステリーファンをうならせる
スリリングな事件展開はいうまでもなく、

前作でも好評を博した“知って得する東京最新情報”や
“東京の知られざる新名所”などをストーリーに織り込み、

ほかの刑事ドラマにはない
独自の魅力をさらに追求していきます。

2020年の東京オリンピックに向けて
急速な変化を遂げつつある“東京の今の姿”を、
余すところなく描いていきます。

 さらに、妻・小春(床嶋佳子)や
愛猫・ビビとの日常生活から大岩が
事件のヒントを見つけ出していく、
おなじみの展開も随所に組み入れていきます。

 そして――なんといっても、
クライマックスで大岩一課長が発する
“捜査員への大号令”、

刑事たちが総出で繰り広げる“東京一斉大捜査”など、
『警視庁・捜査一課長』ならではの醍醐味も健在!

 大岩捜査一課長を中心とした
熱き刑事たちの奮闘に、どうぞご期待ください!とのこと。