読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ情報byポッキイ

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

『A LIFE?愛しき人?』2017冬 感想 ネタバレ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『A LIFE?愛しき人?』2017冬 感想 ネタバレ

f:id:max2111:20170102220226j:plain


出典 http://www.tbs.co.jp/ALIFE/

TBS 日曜夜9時 1月15日スタート!!

 


木村拓哉が外科医に挑む─
共演者 竹内結子、松山ケンイチ、
木村文乃、菜々緒、及川光博
浅野忠信

など、ドラマ・映画界を席巻する豪華な顔ぶれが集結!!
愛しき人の「たったひとつの命」
愛しき人の「かけがえのない人生」を巡る
ヒューマンラブストーリー

ということですが、病院に関わるドラマは
ドクターXが断トツです。
このドラマにどこまで視聴者が集まるかです。

概要

 医師として駆け出しの頃、病院を追われ、
恋人を置いて単身アメリカに渡った外科医・沖田一光(おきたかずあき)。

技術を磨くためにひたすらオペ経験を重ね、
知識を身につけて職人外科医となった。

10年後、かつての恋人の父に請われて
日本に戻ってくることに。

沖田が不在の10年の間に、元恋人は病院の後継者として
沖田の幼馴染でもある親友と結婚していた。

その親友は、10年前、沖田を
病院から追い出す画策をした張本人だった。
ただ、沖田はそのことを知らない。

そして、彼を待ち受けていたのは再会した元恋人、
親友、そして一癖も二癖もある医師や看護師たち・・・。

 それでも、「たったひとつの命を救いたい」
「かけがえのない人生を守りたい」その想いが沖田を突き動かす。

そして、医師として、人間としての想いが、
知らず知らずのうちに彼を病院内でうごめくさまざまな人たちの思惑、
そして親友との対立に巻き込んでゆく。

 愛、欲望、友情、嫉妬、プライドが渦巻く病院で
「愛しき人の命」「かけがえのない人生」を巡って
繰り広げられるヒューマンラブストーリー。


あらすじ


第1回 1.15 On Air

 外科医・沖田一光(木村拓哉)がアメリカ・シアトルから
東京にある壇上記念病院へ10年ぶりに戻ってきた。

院長・壇上虎之介(柄本明)が心臓疾患で倒れ、
虎之介からその手術を任されたのだ。

しかし虎之介の娘で小児外科医の檀上深冬(竹内結子)と
その夫で副院長の壇上壮大(浅野忠信)は、
沖田を壇上記念病院に再び迎え入れることに戸惑っていた。

深冬はかつて沖田と交際しており、
壮大は沖田と幼馴染だったのだ。

沖田がアメリカへ渡ったあと、
壮大は脳外科医でありながら秀でた経営手腕を
虎之介に見込まれ、深冬と結婚。

経営の合理化を進め、壇上記念病院での確固たる地位を築いていたが、
最近では経営方針を巡って虎之介と対立していた。

 虎之介を診察した沖田は、第一外科部長の羽村圭吾(及川光博)が
反対するにも関わらず、難しい虎之介の手術をやれると言い切る。

外科の若手医師・井川颯太(松山ケンイチ)は
いきなり現れた沖田に懐疑的、
オペナースの柴田由紀(木村文乃)は沖田に興味を持つ。

手術当日、祈るように手術室のモニターを見守る深冬。

一方で病院の顧問弁護士・榊原実梨(菜々緒)と
手術室の様子を見ていた壮大は、
この10年で沖田がオペの腕を上げたことを感じていた。

沖田が手掛けた虎之介の手術は成功したかに思えたが…。