読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ情報byポッキイ

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

「精霊の守り人2」2017冬 感想 ネタバレ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「精霊の守り人2」2017冬 感想 ネタバレ

f:id:max2111:20170102152621j:plain


出典 http://www.nhk.or.jp/moribito/

NHK 土曜 9時 1月21日スタート

 

前回から約1年精霊の守り人2が帰ってきましたね。
また、テレビに釘付けのかたも多いのでは?

概要

お尋ね者となった女用心棒バルサと
新ヨゴ国の皇太子となったチャグム。

別れ別れとなったふたりの冒険が、再び始まる!

チャグムと精霊の卵を守り通したバルサ。
自分の父、そして育て親・ジグロの敵である
カンバル国王・ログサムを暗殺しようとしたが叶わなかった。

それから4年。チャグムは新ヨゴ国の皇太子となり、
バルサは暗殺未遂のためお尋ね者に。

バルサは隣国のロタ王国に身を潜め、用心棒稼業を続けていた。

そんな中、バルサは一人の少女を人身売買から救う。
少女の名はアスラ。
アスラは、彼女の民族が崇める破壊神・タルハマヤをその身に宿していた。

アスラが怒り、その神を召喚すれば、
彼女の周りには無残な死体しか残らない。

その存在を危険視するロタ王国の呪術師親子・シハナとスファルが、
アスラを殺そうと迫り来る。

再び、バルサの死闘の旅が始まる。
かつて、守り抜いたチャグムの面影をアスラに重ねるかのように。

一方、チャグムは南方の大国・タルシュ帝国が、
海の国・サンガル王国に侵攻するという状況を受け、
救援の為に航海へ出るが、サンガルは既にタルシュの軍門に下っていた。

チャグムは囚われの身となってしまう。
バルサとチャグムの命運は、果たして...。