ドラマ情報byポッキイ

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

下克上受験 2017冬 感想 ネタバレ

スポンサーリンク

下克上受験 2017冬 感想 ネタバレ

f:id:max2111:20170101160450j:plain


出典 http://www.tbs.co.jp/gekokujo_juken/

TBS 金曜夜10時 1月13日スタート

原作者の実体験を元にした本のドラマ化です。
奇跡を見るようで、感動することも多いのでは?

 

原作者・桜井信一さんのコメント

「下剋上受験」は、娘と受験勉強していた時、
日々の葛藤を書き留めていたメモをもとに書いたものです。

その私的な記録が本になり、
ついにはテレビドラマ化されることになりました。

あまりの大ニュースに喜び方すらわからなくなるほどです。

中卒の人生、残りは消化試合だと思っていましたが、
生きているといいこともあるもんだねと呟くことが
妻との毎日の挨拶になりました。

子どもの未来を変えようとすることが、
家族まで大きく変えるという我が家の実体験を、
ドラマを通じて視聴者の皆様に知って頂けたら幸いです。

概要

f:id:max2111:20170101160612j:plain

原作は2014年に産経新聞出版から刊行された桜井信一の同名タイトル。
中卒の父と偏差値41の娘が最難関中学を目指した実話である。

この実話をもとに、小5の夏から中学受験に挑むまでの
約1年半にわたる家族の奮闘を描いていく。

ドラマの主人公・桜井信一を演じるのは、
幅広くどんな役でもこなす演技派俳優・阿部サダヲ。

信一の妻・香夏子を演じるのは昨年1月に主演したドラマ
『ダメな私に恋してください』での愛らしい姿が記憶に新しい深田恭子。

2人の娘で偏差値41から最難関中学を受験することになる
娘・佳織役には山田美紅羽(やまだみくう)が
オーディションで約250人の中から選ばれた。

そして、東大卒で大手ゼネコン2代目社長という
対照的な経歴を持つ信一の同級生・徳川直康役を要潤、

中学受験経験者であることからアドバイザー的役割になる
信一の職場の後輩・楢崎哲也役を風間俊介、

そして信一の父親で中卒叩き上げの
大工・桜井一夫を小林薫が演じる。


この豪華な布陣で受験シーズンである1月に
笑って泣ける“受験ホームドラマ”をお届けする!!とのこと。

Story

f:id:max2111:20170101160711j:plain

下町の古い集合住宅に暮らす桜井家は、大黒柱の信一(阿部サダヲ)、妻の香夏子(深田恭子)、小学5年生の一人娘・佳織(山田美紅羽)の三人家族。桜井家は代々中卒で、信一も同じ道を辿った。そして、同じく中卒の香夏子と結婚し、現在は不動産業の熱血営業マンだ。そんな学歴とは無縁な桜井家に、佳織が受験した「全日本統一小学生テスト」の結果が届く。“トンビが鷹を生む”ことを願っていた信一だったが、その結果は散々なものだった。


翌朝。出勤した信一は上司から新入社員の楢崎哲也(風間俊介)を紹介される。楢崎は物腰柔らかな男だ。そんな楢崎に対して先輩風を吹かせながら教育係を担当する信一だったが、いきなり楢崎に高級物件の担当客を奪われてしまう。楢崎が名門大学出身だったことが一因らしい。学歴が与える将来への影響を感じた信一は、佳織に入塾テストを受けさせようと考えるが、妻の香夏子は大反対する。

佳織の入塾テストの結果は最悪で、勧められたのは一番下のクラス。さらに、信一の思い描く高学歴な大学を目指すには佳織の学年や学力ではもう手遅れだと言われてしまう。その帰り道、落胆する佳織の姿を見た信一は、自分と佳織の二人三脚で中学受験を目指すことを決意。ここから中卒の父が奇跡を起こしていく・・・。