読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ情報byポッキイ

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

「嫌われる勇気」 2017冬 感想 ネタバレ 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


「嫌われる勇気」 2017冬 感想 ネタバレ 

f:id:max2111:20170101130522j:plain


出典 http://www.fujitv.co.jp/kira-yu/index.html


フジ 木曜 夜10時 1月12日スタート

 

このドラマの主人公を演じる香里奈は、
一匹狼タイプの刑事ということで、
上の捜査方針と違うこともやりそうです。

「相棒」や「ドクターX」とも似通う点があり、
高視聴率になるかもしれませんね。


概要

「嫌われる勇気」(ダイヤモンド社)を原案とした刑事ドラマ。

「トラウマ」という概念。アドラー心理学では、
トラウマによる支配を否定した上で、
「人間の悩みは、全て対人関係の悩みである」と断言。

他者から嫌われることを恐れない「嫌われる勇気」
を持ちえたとき、人は初めて自分だけの人生を歩みはじめることができる。
それがアドラー心理学の本質です。

『嫌われる勇気』の肝とも言える、
アドラー心理学を体現する女主人公・
庵堂蘭子(あんどう・らんこ/32)。

蘭子は独身、彼氏なしの警視庁刑事部捜査一課8係の刑事。

若干32歳にして、組織になじまない一匹狼タイプで、
常に自分が信じる道を行きます。

時には、上司や捜査本部の方針に反することもありますが、
本人はそれを悪いこととは感じていません。


Story

f:id:max2111:20170101130636j:plain

第1回

刑事の庵堂蘭子(香里奈)が属する捜査一課に、新人刑事の青山年雄(加藤シゲアキ)が配属された。係長の半田陽介(升毅)は青山に、蘭子と組んでモデル殺害事件に加わるように命じる。青山は、刑事の三宅隆俊(桜田通)から教えられ、携帯電話を持たない主義だという蘭子を探しに行く。
青山が蘭子を探し当てた時、青山の携帯が鳴り、第二の殺人が起きたと告げられる。蘭子は青山の携帯を取り上げ情報を得ると、現場へ急行する。

第二の被害者もモデルだった。鑑識課の梶準之助(正名僕蔵)と、刑事の浦部義孝(丸山智己)が遺体を調べているところに、蘭子と青山が到着。浦部はふたりに周辺の聞き込みに行くよう指示するが、蘭子は無視して遺体を調べ始める。
さらに蘭子は、遺体を見た帝都大学医学部助教の相馬めい子(相楽樹)が明かした見解も、安易な妄想だと一蹴する。

別の日、モデル連続殺人事件の捜査会議が開かれ、刑事の小宮山正明(戸次重幸)が概要などを説明していた。捜査に関わる刑事が勢揃いするなか、蘭子は参加せずにパソコンに向かっていた。マイペースな蘭子に、青山はうんざり。半田に相談すると、別の任務を与えられる。
青山が訪れたのは帝都大学の研究室で、そこには警視庁のコンサルタントも務める教授の大文字哲人(椎名桔平)がいた。大文字は、庵堂の下の配属だという青山に、庵堂を理解するには、「アドラー心理学」を知る必要があると話し始めた…。