読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ情報byポッキイ

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

カルテット 2017冬 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カルテット 2017冬 

f:id:max2111:20161230230741j:plain

出典 http://www.tbs.co.jp/quartet2017/

TBS 火曜よる10時

松たか子 満島ひかり
高橋一生 松田龍平

 

30代を代表する4人の実力派俳優陣との豪華な共演が、
この冬、実現!恋、涙、笑い、秘密、嘘が入り乱れ、
ほろ苦くて甘いビターチョコレートのような
大人のラブストーリー×ヒューマンサスペンスをお届けします!
とのこと。最近のTBSのドラマはなかなか良いので、期待できそうです。

概要

ある日、4人は“偶然”出会った。
女ふたり、男ふたり、全員30代。
4人は、夢が叶わなかった人たちである。

人生のピークに辿り着くことなく、
ゆるやかな下り坂の前で立ち止まっている者たちでもある。

彼らはカルテットを組み、軽井沢でひと冬の共同生活を送ることになった。
しかし、その“偶然”には、大きな秘密が隠されていた――。

人間ドラマの名手・坂元裕二と、4人の豪華俳優陣のコラボレーションが実現!
TBSでは、2017年1月期の火曜ドラマ枠で『カルテット』を放送する。


主人公・巻真紀(まき まき)を演じるのは、
2012年放送の日曜劇場『運命の人』以来、
実に5年ぶりの連続ドラマ出演となる松たか子。
 
カルテットの中で第一ヴァイオリンを担当している真紀は、
家庭があるため普段は都内で生活し、週末だけ演奏のために軽井沢に通っている。

極端なネガティブ思考で自ら主張することは少なく、
他のメンバーたちより一歩引いた存在。
しかし、時どき核心に触れる発言をするなど、とらえどころのない人物。

また、チェリスト・世吹すずめ(せぶき すずめ)役には、
その類まれな演技力で数々の賞を受賞してきた満島ひかり。

満島が演じるすずめは、無職のため司の祖父が所有する
軽井沢の別荘に住みついている。

基本的に寝て過ごしていることが多いが、
ひとたびチェロを手に取ると人が変わる。

常にマイペースでのんびりしているが、
カルテットに加わったのにはある目的があり――!?

共に多くのキャリアを誇り、今作が初共演となる松と満島が、
どのような化学反応を見せるのか注目が集まる。

さらに、ヴィオラ奏者・家森諭高(いえもり ゆたか)役に
高橋一生の出演が決定。
今年は映画「シン・ゴジラ」での好演も記憶に新しい。

そんな高橋が、妙に理屈っぽく、
自己のこだわり満載の一風変わった男・
諭高をどのように演じるのか?

そして、真紀と同じくヴァイオリン担当の
第2ヴァイオリン奏者・別府司(べっぷ つかさ)を演じるのは、
今作がTBSドラマ初出演となる松田龍平。

音楽一家に生まれ、ドーナツ会社に勤めながら
ヴァイオリンを弾いている。

4人の中で唯一、冷静にほかの人物とコミュニケーション
を取ることができるリーダー的な存在。

カルテットの活動の拠点として祖父が所有する別荘を提供する。

一見、何不自由ない生活を送っているように見える司にも、
誰にも言えない秘密があった・・・。

 

第1話

f:id:max2111:20161230231030j:plain


ある日、“偶然”出会った男女4人。
夢が叶わないまま、人生のピークにたどり着くことなく緩やかな下り坂の前で立ち止まっている者たちだ。そんな4人がカルテットを組み、軽井沢で共同生活を送ることになる。しかし、その“偶然”には、大きな秘密が隠されていた……。

巻真紀(松たか子)は別府司(松田龍平)の運転で軽井沢の別荘へとやって来た。待っていたのは世吹すずめ(満島ひかり)と家森諭高(高橋一生)。東京のカラオケボックスで出会った4人は皆演奏者で、弦楽四重奏をやることになったのだ。ライブレストランで演奏しようという話になるが、その店では“余命9ヶ月”のピアニスト・ベンジャミン瀧田(イッセー尾形)がレギュラー演奏していた。そこで真紀は、突拍子もないことを言い出す。

出演者コメント

松たか子さん
ラブ・サスペンス、ラブ・サスペンス、ラブ・サスペンス・・・、と繰り返しつぶやいていると、何だかにやにやしてしまう、若干自覚のない私ですが、こんなに魅力的なスタッフ・キャストとこの冬を過ごせるのが、本当に楽しみです。
頑張ります! 是非ご覧くださいませ。

満島ひかりさん
プロデューサーの佐野さんが「いつか坂元さんの脚本で一緒にドラマを作るのが夢です」と語ってくれたのは4年ほど前のこと。松さんとのタイミングを合わせて、松田さんや高橋さんがやってきて、楽しくなりそうだワクワクするなと思っていたら、“弦楽四重奏”ですとっ! 私はチェロ弾きの役ですが、正直大変です。あと3年は練習したいし、どんなことになるのか未知です。ですが、ドラマを見た方が何だか癒される作品になるといいなと思います。

だいすきな坂元さんの脚本と面白い先輩たちに囲まれて、始まる前の今がいちばん幸せかもしれません。

高橋一生さん
オファーをいただいたときは「やったー!」という思いでした。僕が演じる諭高という役は、一般的に言うといわゆる変わった男なのですが、彼の中にルールがあって、そのルールに沿っているだけ。「変人なんだ」というカテゴリーには飛ばないように演じようと思います。なによりせっかくこのような4人が集ったので、変に頭の中で役作りをせず、みなさんの出方や現場の雰囲気を見て役に入り込んでいければなと思います。 台本を読み、人間というのはかくも滑稽で、かくも愛しいんだなというのを非常に感じました。画面を通して、「人間ってとても愛すべき存在なんだ」とみなさんに思っていただけるとうれしいです。

松田龍平さん
ちょっと変わった3人と弦楽四重奏をはじめることになりました。
何かと秘密がありそうな4人が、これからどんなカルテットになって行くのか楽しみです。ヴァイオリンは初めてなので頑張ります。