ドラマ情報

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

「夏目漱石の妻」の感想

スポンサーリンク

「夏目漱石の妻」の感想

NHK 土曜21時

f:id:max2111:20160924152133j:plain


出典 http://www.nhk.or.jp/dodra/souseki/

出演 尾野真千子/長谷川博己/黒島結菜/満島真之介/竹中直人/舘ひろし

【ドラマのみどころ】

今年は夏目漱石没後100年の年。
「吾輩は猫である」「坊っちゃん」「こころ」など
今なお夏目漱石の作品は人々に愛されているが、
実はその多くは、妻・鏡子との夫婦生活を下敷きに描かれている。

頭脳明晰で几帳面、しかしとんでもなく気難し屋の漱石
。一方、大らかで、自分の考えをすぐ口にする鏡子。

正反対の二人は、時にぶつかり合い、時に支え合いながらも、
やがて、かけがえのない家庭を築いていく。

明治という激動の時代を駆け抜け、
夫婦として成長していく二人の姿を、妻・鏡子の視点から、
生き生きとユーモアを交えながら描くエンターテイメント・ホームドラマ。

【物語】

裕福な家庭に育った中根鏡子(尾野真千子)は、
厳格な父・重一(舘ひろし)から学問は不要と育てられ19歳の時、
夏目漱石(長谷川博己)と見合いする。

鏡子は漱石に一目ぼれ、漱石は屈託の無い鏡子の笑顔に魅了され
二人は結婚、漱石が高校の教師として赴任した
熊本での新婚生活が始まる。

漱石は、帝大出のとびきりの知性派ではあるが
、実は幼少時に養子に出され、
家庭の温もりを知らずに育った過去を持ち、
情緒の不安定な気難しい人物あった。

鏡子は夫を理解しようと、夫が読むものを読み、
夫の友人達に交わって難しい会話に入って行こうとするが、
その世界のハードルは高くとても及ばない。

やがて鏡子は初めて身ごもった子どもを流産
、孤独から自殺未遂騒ぎを起こす。

夫婦にとっての最初の危機の到来。
果たして二人の前途はどうなる!?

あらすじ

第1回「夢みる夫婦」

総合:2016年9月24日(土)よる9時から10時13分

再放送:総合 10月1日(土)午前0時10分(金曜深夜)

裕福な家庭に育った19歳の中根鏡子(尾野真千子)は、
高級官僚の父・重一(舘ひろし)にすすめられ、
夏目金之助(漱石の本名・長谷川博己)と見合いをする。

金之助に一目ぼれする鏡子、
一方金之助は鏡子の屈託の無い笑顔に魅了され二人は結婚、
金之助が高校の教師として赴任した熊本で新婚生活を始める。

金之助は帝大出のとびきりの知性派ではあるが、
実は幼少時に養子に出され、家庭の温もりを知らない気難しい人物あった。

夫のために家事や様々なことに頑張る鏡子だったが、
失敗を繰り返しとんでもない事件を起こす。

スポンサーリンク