読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ情報byポッキイ

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

家政夫のミタゾノの感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

家政夫のミタゾノの感想
テレ朝 金夜11時15分

 

f:id:max2111:20160924143227j:plain

出典 http://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/

みどころ

“家政婦”の歴史に新たな1ページが刻まれる…
松岡昌宏が演じるオトコ家政婦=家政夫に!

家事スキル&迷惑レベルは特A級
人の家庭を壊して再生する
史上最“恐”の家政夫…
その名は「ミタゾノ」

 テレビ朝日の大ヒットドラマシリーズといえば
『家政婦は見た!』。

1983年から2008年には市原悦子が演じた
“大沢家政婦紹介所の石崎秋子”が、

そして2014年からは米倉涼子が演じる
“協栄家政婦協会の沢口信子”が

さまざまな上流家庭の内情を“覗き”、
大旋風を巻き起こしてきました。

しかも今度の家政婦は、なんと…オトコ! 
幅広い層に絶大なる人気を誇るTOKIOの松岡昌宏が

テレ朝史上初となる男性家政婦=“家政夫”に扮し、
またひとつ新たな伝説を作り上げます!とのことです。

■派遣先の家庭を破壊し、再生する――
新たなダークヒーロー、誕生!

 松岡昌宏が演じるのは、家政婦紹介所に所属する
家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)。

女性が主に活躍する家政婦業界において、
男性ながらに掃除・洗濯・料理・子守などの
家事全般を完璧にこなしてしまう“一流家政夫”です。

そんな一流家政夫の三田園ですが、
彼が掃除するのは家の汚れだけではありません。
派遣された家庭・家族に巣食う“根深い汚れ”
までもスッキリと落としてしまうのです!

毎回登場する派遣先の家庭は、
世間的には“勝ち組”と呼ばれ、
プライドが高く、傲慢で、身分の低い者は見下している、
という鼻持ちならない人間ばかり。

そんな家庭に隠された秘密を知ってしまった三田園は、
とことんまでその秘密を暴くべくジワジワと罠を張り、
誰にもバレずに歪んだ家庭の
化けの皮を引っ剥がしていきます。

そして人間関係を崩壊させる
“最後のひと押し”を…! 

しかしそれが結果的に家族の再スタートを
促すきっかけになり、その家が抱えていた問題を
解決することになるのです。

 家庭を崩壊させ、再生へと導くダークヒーロー――
それこそがまさに三田園の真の姿!

三田園が派遣先の家庭の秘密を暴き、
めちゃめちゃに壊し、そして再生させる――
その過程を爽快感たっぷりに描く、
痛快かつヒューマンなドラマ『家政夫のミタゾノ』。


■ドラマに登場する家事スキルは暮らしに役立つものばかり!

難アリな性格の三田園ですが、家事の技は文句ナシのプロ級。
卓越した知識と家事の裏技で家主の信頼を勝ち取っていきます。
 
そして毎回劇中には三田園が紹介する
“お役立ち家事のHOW TO”が登場し、
視聴者を楽しませます。

どれもすぐに実践できる技ばかり…!
 第一話には「咄嗟の染み抜き方法」や
「洗濯物が早く乾く干し方」などが登場。

三田園直伝の技の数々は、あなたの家事スキルを
ワンランクもツーランクもアップさせること間違いなしです!

今作で、そんな三田園の家事ワザを監修するのは
“家事芸人”として人気を博している松橋周太呂!

松橋が持つ掃除・洗濯・料理など家事全般に関する
スキルや情報がドラマを盛り上げていきます!