読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ情報byポッキイ

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

2016夏ドラマ「営業部長 吉良奈津子」の感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「営業部長 吉良奈津子」はフジで毎週木曜日夜10時放送 。7月21日スタート。

f:id:max2111:20160709122832j:plain

 

出典 http://www.fujitv.co.jp/kiranatsuko/topics/

松嶋菜々子さんが、営業部長 吉良奈津子役を務めます。

今回は、育休明けの仕事がどうなるか、といった今関心の高いテーマを扱っているが、少しテーマが重すぎるのか平均視聴率8.23%である。でも、健闘と言えよう。

松嶋さんが連続ドラマで主演を務めるのは、
2013年7月期放送の『救命病棟24時 第5シリーズ』以来3年ぶり。

平均視聴率26.4%、最高視聴率34.2%を記録した
やまとなでしこ』(2000年)や
家政婦のミタ』(2011年日本テレビ系)など、

話題作の多い松嶋さんの新作ドラマです。
共演者には、松田龍平、DAIGOさんなどがいます。


ドラマは、広告代理店の売れっ子クリエイティブディレクター
だった主人公が、40歳手前で結婚し、出産と育児休暇を経て、

3年ぶりに職場復帰したことをきっかけに、
次から次へと勃発していく問題に正面から向き合いながら、

仕事と家庭を両立させるため奮闘していく姿を描く、
“女の戦いと再生”の物語。

いわば、“産後復帰した女性が働く”ということ
を描いたドラマで今時の課題をまともに扱ったドラマで
出演者たちの質の高さを含めて
期待が持てる作品と思います。。


ドラマの概要

松嶋さん演じる吉良奈津子(きら・なつこ)は、
広告代理店の売れっ子クリエイティブディレクターで
バリバリのキャリアウーマンでしたが、
40歳手前で結婚して出産、育児休暇で職場を離れていました。

3年を経て職場復帰したものの、
会社の業績悪化や人員の入れ替わりなどで状況は一変。

あらたに配属された部署も、クリエイティブではなく営業でした。
かつて自分が活躍していたクリエイティブに戻りたい、
と要望を出す奈津子ですが、

常務から「すでに3年も現場を離れた人間を受け入れる土壌はない」
と冷たい返答が。ただ、頑張りによっては、
元の現場に戻れる可能性もゼロではないと言われます。

その条件を受け入れ営業職に戻る奈津子でしたが、
そこにいたのは全く奈津子を信頼していないクセものの部下ばかり。

仕事が忙しくなればなるほど家族への負担や不満がつのり、
家庭と仕事の狭間で悩みが増えていく奈津子。

口うるさい姑の手を借りたくないとベビーシッターを頼みますが、
その彼女の存在が幸せな家庭を崩壊させるきっかけになってしまうのです。

会社では自信を打ち砕かれ挫折し、
やがて夫との間に大きな溝ができはじめ家庭も危機に…。

次回予告動画