ドラマ情報byポッキイ

ドラマやアニメの情報と感想、たまにスポーツも書いてます。

『家族ノカタチ』のDVD、ブルーレイ発売

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2016年冬ドラマの『家族ノカタチ』
のDVDとブルーレイが8月10日発売の予定になった。

 

平均視聴率は8.98%と高い方ではなかった。

しかし、続編が見たいと言う人は①怪盗 山猫②スペシャリスト
に続いて、3位で24%に達している。

f:id:max2111:20160624144131j:plain

出典http://www.tbs.co.jp/kazokuno_katachi/

 

8月にDVDが発売予定で

続編期待の声が高まるものと思われる。

また『家族ノカタチ』で、上野樹里ファンが急増している。
 最終回の指輪に興味津々の声も出ている。


ドラマ『家族ノカタチ』が最終回を迎え、「
それぞれの家にある世界に一つだけの
“家族ノカタチ”面白かった」

「よかったーその後の続編やってほしいくらい」と
視聴者の反響があるなか、

ヒロイン役を演じた上野樹里への称賛が多い。

『のだめカンタービレ』のイメージが定着して
悩んだ時期もあったが、『江~姫たちの戦国~』や

『アリスの棘』と着実に成長を見せてきた。
本作でさらにファンが増えたようだ。

DVDも発売されるようだが、これも待ち遠しい。
最終回だけ、私はビデオに取ったが、
全部取っておけばよかったと悔やまれる。

このドラマ、初めのころは、
西田敏行が主演ではないかとの、
批評もあったが、

だんだんと
主演 上野樹里、助演 香取慎吾と西田敏行
といった感じになって落ち着いたドラマになった。

さすが西田敏行ということ。
続編をぜひ作ってもらいたいが、
続編もこの3人に登場してもらいたいものだ。

本編では西田の演じた父親は死んでしまったが、
そこは外国にいた遠い親戚のおじさんとか・・・
ドラマだからなんとかなるのでは。


ともかく、このドラマは視聴率は10%弱だったけど、
見なかった人は損したかもしれない。
次のような講評がネットにあったので紹介しておく。

最終回


TBS系の日曜劇場『家族ノカタチ』の
最終話が3月20日に放送された。

ドラマがスタートした当初は香取慎吾演じる
主人公の永里大介が“こじらせ男子”と表現され、

上野樹里演じる“クレーマーはなこ”
こと熊谷葉菜子とのドタバタ劇かと思われたが、
実はその2人こそ純粋で繊細な心を持っていた。

毎回、放送後にはツイッターで「泣けました」
「なんて優しいドラマなの~」といった感想がつぶやかれ、

最終回では「しんみりせず幸せな気持ちになれた。
温かいチームでこのドラマは創られてる。
世界に一つだけのドラマ」という評価もあった。

また、メインキャストの2人ついて
「香取慎吾、上野樹里のそれぞれ一人でも生きていけて、

でもお互い辛いときに支えあう。そんな関係は理想だなぁ」
「大介も葉菜子も固い芯を残したまま

、徐々にあたたかく柔らかくなっていく様子がすごい好き。
上野樹里すごいなあ」などのコメントが寄せられ、

特に上野樹里には「いい女優になった」「大人カワイイ」
「最高だな!」と多くが魅了されている。

思えばドラマがスタートする前、
番組宣伝でバラエティ番組『王様のブランチ』に

メインキャストたちと登場した上野樹里は「
1話からブチかましましょうよ!」と気合十分だった。

香取慎吾や西田敏行にも良い刺激となったのではないだろうか。
そして、回を重ねる毎に3人は演技とは思えぬほどリアルに
“家族ノカタチ”を描いていく。

最終話で大介と葉菜子が語らう場面に
「しれっと結婚指輪してるじゃーん! 

渡すところも見たかったよ」「最後に二人が婚約指輪してた」
「大介、葉菜子カプ可愛すぎて、もうなんだか最終的には指輪萌え・笑」

とテンションが上がる人も見受けられた。
2人がこれからどのように過ごすのか気になるだけに、続編を期待したい。

というわけで、DVD発売と、続編に期待しましょう。